IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

4Kテレビ

買替本格化で薄型テレビは7%増、有機ELは金額ベースで11%。18年上半期家電販売

投稿日:

1: 田杉山脈 ★ 2018/08/14(火) 15:49:08.34 _USER
 GfKジャパンは、2018年上半期(1-6月)の家電・IT市場の販売動向を発表。家電小売市場は、金額で前年をやや上回る水準となった。冷蔵庫、洗濯機、テレビといった主要製品が前年を上回ったことが寄与した。
no title


2018年通年の見通しは、前年の市場規模7兆700億円を1%程度上回ると予想。ただし、7月以降の記録的猛暑を受け、「足元で季節家電の販売が大きく前年を上回っており、予測をさらに上回る可能性がある」としている。販売形態では、インターネット販売の成長が継続し、2018年通年の家電小売市場における金額構成比は13%強となる見込み。

4Kテレビは数量構成比39%に。左右分離イヤフォンは7倍
 2018年上半期のAV市場は、主要製品である薄型テレビの買い替え需要の増加や、それに伴う周辺機器の販売回復、ワイヤレスイヤフォンの伸長などにより前年からプラス成長。

 薄型テレビの販売台数は前年比7%増の260万台。エコポイントやアナログ停波により市場規模が拡大した2009年-11年に購入されたテレビの買い替えが本格化した。また、6月はワールドカップにより需要が押し上げられたこともあり、同25%増となった。

 4Kテレビは数量前年比40%増の100万台。薄型テレビに占める構成比は数量ベースで39%、金額ベースで69%と、いずれも前年同期から9%ポイント上昇した。有機ELテレビの販売台数は前年の約8倍。薄型テレビに占める構成比は数量ベースでは2%だが、金額ベースでは11%となった。薄型テレビの税抜き平均価格は、4Kテレビや有機ELテレビの販売増により、前年同期から3%上昇し約74,000円となった。

 BD/DVDは前年から横ばいの190万台。内訳は、BDレコーダが前年比4%増の94万台、DVDプレーヤーが同12%減、BDプレーヤーが同7%減。BDレコーダでは、シングルチューナー搭載機が数量構成比で8%(前年同期11%)、ダブルチューナ機が61%(同63%)へ縮小した一方、トリプルチューナー機は31%(同26%)へ拡大。BDレコーダの平均価格は前年同期から6%下落し、金額前年比は2%減。

 ヘッドフォン/ヘッドセットは、前年比10%増の1,040万本となった。ワイヤレスタイプの需要拡大が市場規模を押し上げており、Bluetooth対応機は同78%増と大幅に伸長。市場におけるBluetooth対応機の数量構成比は、前年同期から13%ポイント伸長の32%。また左右分離型(完全ワイヤレス)イヤフォンの販売本数は前年の約7倍で、市場に占める割合は数量ベースで6%、金額ベースで22%。
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1138009.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1534229348/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-4Kテレビ

関連記事

4K放送開始3カ月 4Kテレビ販売じわり増加

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/27(水) 22:31:42.86 _USER
高精細な画像が特徴の4K8K放送の開始から3月1日で3カ月。テレビ価格の下落に加え、約10年前に薄型テレビを購入した消費者の買い替え需要と重なり、エディオンなどの家電量販店では4K放送対応テレビの人気がじわり高まって…

「新4K8K衛星放送」視聴に専用機器必要 超高画質TV、普及には時間

1: ムヒタ ★ 2018/06/09(土) 06:14:09.93 _USER
超高画質のテレビ「新4K8K衛星放送」開始まで半年を切った。12月1日にBS、CSの17チャンネルがスタート、2020年までに19チャンネルに増える。臨場感のある映像が特徴だが、当面は現行ハイビジョンと同等…

テレビ局、4K化で存在感薄く 8K制作も視野に入れた“黒船”

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/04(土) 17:20:11.14 _USER
かつて、テレビを取り巻く事業環境はとてもシンプルだった。  主なコンテンツは地上波のテレビ放送。そのテレビ放送をいかにキレイに見せるか。VHSやDVDといったパッケージ販売コンテンツも存在はしていたが、テレビ…

55型の大型テレビ価格下落、需要押し上げ

1: ムヒタ ★ 2019/12/16(月) 14:44:04.50 _USER
液晶の55型や有機ELテレビなど高付加価値のテレビの店頭価格が下落している。大型店の店頭では今夏に比べて10~15%程度値下がりしている。東京五輪・パラリンピックに向けた需要で販売が伸びていていて、少なくとも東京五輪…

12月の放送開始を前に「4K商戦」加熱 チューナー需要、一気に高まり

1: ムヒタ ★ 2018/07/02(月) 09:05:42.08 _USER
 フルハイビジョンの4倍の高精細画質「4K」による実用放送が12月から、BSや一部のCS衛星放送で始まるのを前に、4K受信機(チューナー)を搭載したテレビの販売が今月から始まった。秋には4Kチューナー単体で…