IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

携帯関連:携帯関連全般

格安SIMの顧客満足度、端末セット契約ではUQが1位に~J.D.パワー調査

投稿日:

1: trick ★ 2018/05/30(水) 18:52:19.76 _USER
dvzxindex
格安SIMの顧客満足度、端末セット契約ではUQが1位に~J.D.パワー調査 - ケータイ Watch
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1124732.html
石井 孝幸2018年5月30日 17:34

 J.D.パワー ジャパンは、格安SIM満足度調査「2018年格安スマートフォンサービス/格安SIMカードサービス顧客満足度調査」の結果を発表した。

 調査期間は2018年4月で、対象は法人利用を除いた全国の18歳~64歳の男女。格安SIM事業者からセット端末の購入をして契約したユーザーとSIMカードのみを契約したユーザーに対象を分けて調査を実施。それぞれの調査ごとに4000人で計8000人から回答を得た。調査方法はインターネットによる調査。

UQ mobileとmineoがそれぞれの対象調査で1位と2位に
 端末セット購入者に対する満足度調査では、UQ mobileが総合満足度1位となった。「通信品質」、「提供端末」、「手続き・サポート対応」の3つの部門で最高評価を得た。第2位はmineoで、「各種費用」、「サービスメニュー」の2つの部門で最高評価を得た。

 SIMカードのみ契約したユーザーに対する満足度調査では、mineoが総合満足度1位になり、「各種費用」、「サービスメニュー」「手続き・サポート対応」の3部門で最高評価を得た。第2位はUQ mobileで「通信品質」の部門で最高評価を得た。

格安SIM事業者間の乗り換えが増加
 同社では格安SIM事業者へは大手キャリアからの移行者が約8割を占めるものの、最近では格安SIM事業者間での乗り換えが増えてきていると説明する。調査では、最近1年以内の格安SIM事業者間の加入手続者数は全体傾向よりも増えていることが明らかにしている。

 格安SIM事業者間で乗り換えをしているユーザーは、主にコストが理由で回線を切り替えている。その中でも端末セット購入者では、端末のラインナップや通話かけ放題プランなどのサービスをより重視して切り替え先を選定している傾向が見られている。また、SIM単体購入者の場合は、通信速度の速さといった通信品質に関わる理由がより多く挙がる傾向にあり、より充実した通信品質を求めて他の格安SIM事業者からの乗り換えているという。

 同調査では、今後も格安SIM事業者間での顧客獲得競争が激化され、取り扱い端末やサービスメニューの整備・強化、そして通信品質の向上が顧客維持・獲得のために重要になってくると分析している。
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1527673939/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-携帯関連:携帯関連全般

関連記事

上映中にスマホいじってる奴は追い出して構わない

1: 垂直落下式DDT(やわらか銀行) [FI] 2019/11/24(日) 19:14:41.71 BE:468394346-PLT(15000)
近年、映画館では上映中のスマートフォン使用禁止に関するアナウンスが行われている。 しかし啓発も虚しく、上映中にスマホをいじり周囲に不快感を与える観客もいるという。 …

いまだeSIMの提供に消極的な3キャリア 期待できるのは“新しいフルMVNO”と楽天のみ?

1: 田杉山脈 ★ 2019/10/05(土) 19:28:24.13 _USER
物理的なSIMカードを差し替えることなく、通信に必要な情報(プロファイル)をオンライン上で書き込める「eSIM」が、日本でも注目を集めている。「iPhone XS」以降のiPhoneがこのeSIMをサポートしたことで、対応機種が拡…

OPPO「Find X」、11月9日発売

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/29(月) 18:40:13.03 _USER
OPPO Japanは、11月上旬発売と案内していた「Find X」を、11月9日に発売する。公式Twitterアカウントでアナウンスされているほか、各オンラインショップでも発売日が案内されている。  OPPOによる販売予想価格は税抜1…

スマホ接続料、見直し促す 公取委「競争阻害の可能性」

1: ノチラ ★ 2018/06/22(金) 00:57:02.84 _USER
公正取引委員会は、NTTドコモなど大手携帯通信会社が格安スマートフォン(スマホ)会社に回線を貸し出す際に受け取る「接続料」について「算定根拠が不透明で、競争阻害の可能性がある」とする報告書案をまとめた。格安…

次のスマホ市場で最も有望な「インド」は中国勢が制圧済み、今後もスマホの覇権を中国勢が握り続ける見込み

1: ムヒタ ★ 2018/09/03(月) 13:45:33.51 _USER
中国のスマートフォン販売が減少に転じる中で、今後、最も重要視されるのは「インド市場」と言われています。中国に次ぐ世界第2位の巨大市場ですが、すでに中国製スマートフォンが席巻している状況で、地元のインド企業はも…