IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

携帯関連:携帯関連全般

格安スマホ各社、接続料下げ要求 総務省の会議

投稿日:

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/18(木) 19:35:11.81 _USER
dxxvindex
総務省は18日、携帯電話料金の値下げなどに向けた有識者会議の第2回会合を開いた。市場の競争を促進するため、格安スマートフォン(スマホ)事業者から現在の競争環境の問題点をヒアリングした。携帯大手の回線を使うために支払う「接続料」の値下げや、「2年縛り」など大手による契約者の過剰な囲い込みの是正を求める意見が相次いだ。

格安スマホ事業者はNTTドコモなど大手携帯電話会社から回線を借りてサービスを提供している。その際に支払うレンタル料金である「接続料」の算出根拠が不透明で、キャリアが恣意的に高く設定しているのではないかという批判があった。

現在、携帯キャリアは前年度までの投資コストなどをもとに接続料を算出し、請求している。今回のヒアリングでは、将来かかるコストをあらかじめ予測し、それをもとに接続料を提示すべきだとの意見が相次いだ。

キャリアは最新の基地局への更新などで効率化を進めており、データ通信の単価は年々下がっている。将来のコストを基準にすれば、接続料は下がり、請求金額の水準も予想しやすくなるとの主張だ。

格安スマホは接続料の支払いが原価の多くを占めるビジネスモデル。「マイネオ」を運営するケイ・オプティコムの浜田誠一郎執行役員は「収入に対して、携帯大手に支払う接続料が非常に大きい」とし、「将来の見通しが分からないと、思い切った戦略が立てられない」と述べた。

また、算出式の透明化についての要望も出た。現行の計算式では、接続料は「適正な」原価や利潤をもとに決められる。ただ、どの投資を原価とみなすか、誰が「適正」と判断するのかなどがあいまいだ。テレコムサービス協会の島上純一氏は「(キャリアが計上している費用が)本当に原価なのか、検証していく必要がある」と話した。

接続料が下がれば、格安スマホは現状よりさらに安い料金でサービス展開できるほか、店舗網の拡大やCMなどに投資を充てやすくなる。利用者の獲得に大きな追い風となる。

菅義偉官房長官が8月、国内の携帯電話料金について「4割程度下げる余地がある」と発言したことで、携帯大手と格安スマホの競争促進にスポットライトが当たっている。総務省の有識者会議「モバイル市場の競争環境に関する研究会」はその先陣に立つとして注目されている。

このほど就任した国重徹政務官も「携帯電話は不可欠なインフラで、研究会に対する国民の期待もたいへん大きい」と強調した。

今回の第2回会合では接続料のほか、長期間の契約を条件に月々の通信料金を安くする「2年縛り」と呼ばれる大手の販売手法にも批判が集まった。決められた更新期間を過ぎると再び自動で2年契約が結ばれる仕組みで、期間外の解約は違約金がかかる。利用者が通信会社を自由に乗り換えにくくなっており、過剰な囲い込みだとの批判が相次いだ。

楽天の大尾嘉宏人執行役員は「解約時の費用が高く、手続きも含めてがんじがらめになっている。利用者のスイッチングコストを下げるべきだ」と指摘した。

会合は格安スマホのほか、携帯大手などからもヒアリングを続け、2019年6月をメドに中間答申をまとめる計画だ。

総務省はこれまでも格安スマホの育成に力を入れてきた。ただ、大手が系列の格安ブランドなどを強化し巻き返したことで、競争による料金下落の機運はしぼんでいる。論点が多岐にわたるなか、競争促進に効果のある施策にどこまで踏み込めるかが焦点になる。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36643110Y8A011C1X13000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1539858911/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-携帯関連:携帯関連全般

関連記事

外出先でも通話OK、アイホンが新機種 スマホを活用

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/06(木) 21:59:47.53 _USER
自宅にいなくても応対できます――。アイホンは6日、外出先からスマートフォン(スマホ)を通じて自宅の訪問者と通話できるテレビドアホンの新機種を2019年1月25日に売り出すと発表した。宅配便の再配達などを手軽に依頼…

格安スマホ、IoTに活路 大手値下げで試練

1: 田杉山脈 ★ 2019/08/05(月) 00:16:52.66 _USER
一般消費者に割安な料金プランで携帯サービスを提供する格安スマホ事業者が新たな成長戦略を模索している。ソフトバンクなど通信大手の値下げ攻勢などでシェアの伸び幅が2年連続で鈍化するなか、インターネットイニシアテ…

ティーンエージャーの3割がスマホと共に就寝、保護者の6割が手の届く場所に

1: ムヒタ ★ 2019/06/05(水) 08:20:12.13 _USER
 われわれはスマートフォンを肌身離さず持っているが、それは就寝時でも変わらないことがCommon Sense Mediaの新たな調査により明らかになった。  「The New Normal: Parents, Teens, Screens, and Sleep in the Unite…

日本企業のアプリには「おもてなし」の心が足りない

1: 田杉山脈 ★ 2019/08/28(水) 21:22:09.19 _USER
日本は「おもてなし」の国――。そう言われて当然と思っている日本人は少なくない。しかし、日本発のアプリには、おもてなしの心が足りないのではないか。マイクロソフト、グーグルでエンジニアとして活躍し、現在は複数…

電波利用料、集め過ぎ1000億円 携帯利用者の負担増

1: 田杉山脈 ★ 2019/08/16(金) 19:41:16.31 _USER
総務省が不法電波の監視などを目的に携帯電話会社や放送事業者から集める電波利用料で徴収額が支出を上回る状況が続いている。導入した1993年度から2018年度までに集めすぎたお金の累計は1000億円規模に膨らんだ。電波利…