IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

Web系関連記事: プログラミング、開発関連

「物質を破壊して色を表現」 京都大iCeMS、新印刷技術を開発

投稿日:

1: 田杉山脈 ★ 2019/06/20(木) 19:19:44.56 _USER
アクリル樹脂などに代表されるポリマーに規則的に亀裂を入れることで発色させる新たな印刷技術を開発したと、京都大物質-細胞統合システム拠点(iCeMS、アイセムス)のシバニア・イーサン教授(化学工学)らの研究グループが、20日付の英科学誌「ネイチャー」電子版に発表した。亀裂自体が模倣されにくく、高精密な印刷が可能で、紙幣や身分証明書の偽造防止印刷などへの応用が期待できるという。

コガネムシの体表などにみられる鮮やかな色は「構造色」と呼ばれ、色素を使わない特殊な構造が光を反射して発色する。

 研究グループはこの構造色に着目。ポリマーに、特定の色の光を反射する微少で規則性のある亀裂を生じさせることで、全ての可視光を発色させることに成功した。亀裂は、ポリマーにLEDなどの光を照射し、溶剤で現像することで形成できる。発色する色は亀裂の規則性で決まり、亀裂の数が多いほどより鮮やかに見えるという。高解像度の印刷にも対応し、グループはこの技術を用いた約1ミリ四方の絵画をフルカラーで描くことにも成功した。

 インクを使わないので、退色のおそれがない。また、製作時間も短く、特別な材料や設備を必要としないため、従来より安価で大規模な高精密印刷が可能になるという。グループの伊藤真陽特定助教は「物質を破壊して色を表現することに、世界で初めて成功した。産業界に大きなインパクトを与えられるのでは」と話した。
no title

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1906/20/news064.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1561025984/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-Web系関連記事: プログラミング、開発関連

関連記事

AI後進国ニッポンが危ない! 米国や中国に比べて大きく出遅れ

1: ノチラ ★ 2018/06/05(火) 19:09:06.57 _USER
ディープラーニング(深層学習)に代表されるAI技術の活用ビジネスで、米国はもとより中国に比べて大きく出遅れている日本。「世界で勝てる感じがしない、敗戦に近い」という松尾豊・東京大学大学院特任准教授の強い危機感…

還暦COBOLはお荷物なのか?

1: 田杉山脈 ★ 2019/03/04(月) 14:52:19.04 _USER
1959年に誕生したプログラミング言語のCOBOL(Common Business Oriented Language)は、2019年で生誕60周年を迎えた。人でいえば還暦や定年に当たり、これから第二の人生を歩んでもおかしくない年数である。このままひっ…

ν速公認のスクリプト言語を決めようぜ

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [ニダ] 2018/06/30(土) 13:22:11.42 BE:422186189-PLT(12015)
xamarin.mac multiple do shell script with administrator privilege with one password request https://forums.xamarin.com/discussion/103039/xamarin-mac-multiple-d…

日本のイノベーション力 急速に低下

1: ムヒタ ★ 2018/06/12(火) 11:10:35.80 _USER
政府は12日、2018年版の科学技術白書を閣議決定した。研究の質を示す被引用件数の多い学術論文数が、国別順位で10年前の4位から9位に下がるなど、イノベーションを生み出す基盤的な力が急激に弱まっていると指摘。次代を…

COBOLに罪はない トップ自ら情報戦略を

1: 田杉山脈 ★ 2019/08/12(月) 17:28:11.27 _USER
日本の活力低下の一因はデジタル化の出遅れにある。まず手を着けるべきは、古びた情報システムの刷新だろう。改修できる人材の枯渇も迫っている。デジタル化による爆発的な変化に企業が適応するには、トップ自らが情報戦…