IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

企業別:その他

次世代メモリ技術の最有力候補はPCMとMRAM、ReRAM

投稿日:

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/05/24(金) 14:27:07.48 _USER
□次世代メモリの立ち位置を再確認する
 2018年8月に米国シリコンバレーで開催された、フラッシュメモリとその応用製品に関する世界最大のイベント「フラッシュメモリサミット(FMS:Flash Memory Summit)」でMKW Venture Consulting, LLCでアナリストをつとめるMark Webb氏が、「Annual Update on Emerging Memories」のタイトルで講演した半導体メモリ技術に関する分析を、シリーズでご紹介している。

 なお講演の内容だけでは説明が不十分なところがあるので、本シリーズでは読者の理解を助けるために、講演の内容を適宜、補足している。あらかじめご了承されたい。

 本シリーズの第4回でご説明したように、コンピュータのメモリ/ストレージ階層における次世代メモリの立ち位置は、DRAM階層とNANDフラッシュメモリ階層の間にある。
次世代メモリの「理想と現実」 (1/2) - EE Times Japan
https://eetimes.jp/ee/articles/1904/11/news028.html
メモリ/ストレージ階層の隣接する階層間における遅延時間(レイテンシ)のギャップが、DRAMとNANDフラッシュメモリの間で大きく開いているからだ。遅延時間の違いは約4桁もある。

 ギャップが大きいということは、新たな階層を挟む余地がある、ということでもある。NANDフラッシュメモリのストレージであるSSDが登場する以前の時代は、DRAMの次にくるメモリ/ストレージ階層はHDDだった。DRAMとHDDの遅延時間のギャップはさらに大きく、約6桁におよんだ。SSDは、DRAMと次の階層のギャップを約4桁にまで縮め、コンピュータの性能向上に大きく寄与した。

 しかしコンピュータにおけるメモリ/ストレージ階層のバランスは、まだ改善の余地が大いに残っている。この改善に寄与するのが、次世代メモリだともいえる。

no title

コンピュータのメモリ/ストレージと遅延時間(レイテンシ)の関係。DRAMとNANDフラッシュメモリのギャップが約4桁と大きい。出典:MKW Venture Consulting, LLC

□最有力候補のメモリ技術3種とその現状
 次世代メモリの最有力候補は、3つのメモリ技術に絞られる。相変化メモリ(PCM)、磁気抵抗メモリ(MRAM)、抵抗変化メモリ(ReRAM)である。

 相変化メモリ(PCM)は当初、単体のメモリとして128Mビット品が市販されたほか、異なる種類のメモリを混載するマルチチップパッケージとしてカスタム品が製品化された。しかしこれらの製品は、一時期の販売にとどまった。

 PCMの復活は3次元クロスポイント構造とともに生じた。IntelとMicron Technologyが共同開発した高速大容量不揮発性メモリ「3D XPointメモリ」である。IntelとMicronはメモリ技術の詳細を公式には明らかにしていない。しかしシリコンダイを分析した調査企業によるレポートから、PCMであることが判明した。現在では「3D XPointメモリ」が、DRAMを超える大容量化に成功した初めての次世代メモリであるとともに、PCM技術の代表的な商業化事例となっている。

 磁気抵抗メモリ(MRAM)は、ベンチャー企業によって4Mビットの単体メモリから製品化が始まった。現在では、単体メモリの量産品は256Mビットまで大容量化が進んでいる。さらに最近では、マイクロコントローラーやSoC(System on a Chip)などで従来の埋め込みフラッシュメモリを置き換える、埋め込みMRAMが大手のシリコンファウンダリーによって提供され始めた。

 抵抗変化メモリ(ReRAM)は、マイクロコントローラーの埋め込みメモリとして製品化が始まった。小容量の単体メモリも市販されている。また、大手のシリコンファウンダリーが埋め込みReRAMを近く提供するとみられる。

 次回以降は、これら3種類の次世代メモリ技術について解説していく予定である。

no title

次世代メモリの最有力候補とその現状。相変化メモリ(PCM)、磁気抵抗メモリ(MRAM)、抵抗変化メモリ(ReRAM)がある。MKW Venture Consulting, LLC
(次回に続く)

⇒「福田昭のストレージ通信」連載バックナンバー一覧
https://eetimes.jp/ee/series/746/

2019年05月22日 10時30分 公開
EE Times Japan
https://eetimes.jp/ee/articles/1905/22/news035.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1558675627/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-企業別:その他

関連記事

メルペイ、GWは最大70%還元、上限2500ポイント

1: ムヒタ ★ 2019/04/26(金) 11:57:43.06 _USER
フリーマーケットアプリのメルカリは26日、スマートフォン(スマホ)決済サービス「メルペイ」を巡り、同日から5月6日のゴールデンウイーク終了時までの期間に購入額の最大70%を還元するキャンペーンを実施すると発表した。…

メルカリで購入した自動車に3カ月保証、「メルカリあんしん自動車保証」

1: 田杉山脈 ★ 2019/06/13(木) 19:46:16.31 _USER
 メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」において、条件を満たして出品された車両に対し、3カ月間の保証をつける「メルカリあんしん自動車保証」と、出品時に車検証のQRコードを読み取ると車両情報が自動で入力される「車…

メルカリがシェアサイクル撤退、参入1年余りで「乗り捨て」

1: 田杉山脈 ★ 2019/06/14(金) 15:18:23.30 _USER
メルカリは2019年6月13日、シェアサイクルサービス「メルチャリ」の事業から撤退すると発表した。メルチャリ事業を運営する完全子会社ソウゾウから同事業を新会社へ分割。新会社の株式をクラウド事業などを手掛けるクラ…

「メルカリ」10億出品突破 開始から5年

1: ムヒタ ★ 2018/07/19(木) 17:07:57.33 _USER
 メルカリは7月19日、フリマアプリ「メルカリ」の累計出品数(国内のみ)が、13日時点で10億を突破したと発表した。2013年7月2日のサービス開始から5年で達成した。  メルカリは現在、国内7100万ダウンロード、利用…

アイリスオーヤマ、大型家電を強化 「2022年度に売上高1兆円を目指す」

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/25(水) 21:00:45.30 _USER
アイリスオーヤマは9月25日、ドラム式洗濯機と4K対応テレビの市場に本格参入すると発表した。同社は2022年度にグループ全体の売上高を1兆円にする計画で、新たな収益の柱として大型家電事業を強化する考え。ルームエアコ…