IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

Web系関連記事: プログラミング、開発関連

除草剤を雑草だけに散布する農業ロボット「See & Spray」–深層学習で作物と区別

投稿日:

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/13(金) 03:57:53.92 _USER
 農業向け技術を手がける米国企業Blue River Technologyは、畑の雑草にだけ除草剤を散布するシステム「See & Spray」を開発した。除草剤の散布量を10分の1程度に減らせるうえ、除草剤に耐性のある雑草の増加抑止にもつながるとしている。

 See & Sprayは、トラクターに装着して移動しながら作物の植えられた畑を撮影し、ディープラーニング(深層学習)で作物と雑草を区別する。そして、1インチ(約2.5cm)未満の精度で雑草だけを狙って除草剤を噴射できる。
no title

no title


処理時の移動速度は時速6マイルから8マイル(およそ時速9.7kmから12.9km)で、1人で操作可能。綿花(コットン)畑で使う場合、1回の移動で8列から12列へ散布できる。対応可能な綿花のサイズは、最大12インチ(約30cm)。

 畑全体でなく雑草だけに除草剤を散布するため、除草剤の使用量を約90%減らせるという。これは、コスト削減だけでなく、除草剤の大量使用による耐性雑草の増加抑制にもつながる。

 現在Blue River Technologyは、米国内でSee & Sprayの提供を始めたところ。綿花農場の雑草対策と、レタス畑の間引きに利用しているそうだ。

 なお、現在1年間に世界で使われる除草剤の量は30億ポンド(約136万トン)におよび、250億ドル(約2兆8060億円)のコストがかかっているという。しかも、除草剤に耐性のある雑草は世界に250種類存在し、除草剤による畑のコントロールが難しくなっている。
no title
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531421873/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-Web系関連記事: プログラミング、開発関連

関連記事

脆弱性が多いプログラミング言語、第2位はPHP – 第1位は?

1: 田杉山脈 ★ 2019/03/26(火) 23:09:23.80 _USER
WhiteSource Softwareは3月19日(米国時間)、「Is One Programming Language More Secure Than The Rest?」において、過去の脆弱性情報を集計し、どのプログラミング言語がより多くの脆弱性とかかわりを持っていたのかにつ…

AI投信、苦戦目立つ 「新局面」対応に課題

1: 田杉山脈 ★ 2019/08/03(土) 14:15:44.69 _USER
人工知能(AI)を投資判断に活用し、有望銘柄を探そうとする投資信託が増えてきた。高収益を期待した個人投資家の資金を集めたが、足元の成績はいまひとつだ。なぜなのか。 日興リサーチセンターが、AIを投資判断に活…

習得したい言語で1位のPython、人気沸騰の理由

1: 田杉山脈 ★ 2019/03/11(月) 21:27:56.02 _USER
かつてないほどPythonが人気だ。最近のプログラミング言語をあまり知らないという“おじさん”のために、人気の理由や基本的な特徴を分かりやすく解説しよう。 プログラミング言語「Python(パイソン)」が注目を集め…

プログラミングは要らなくなる、Pythonが示す未来

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/31(金) 21:55:53.34 _USER
自分が最近どんな記事を書いているかを振り返る機会があった。そこで分かったのは、プログラミング言語のPythonに関する記事がとても多いということだ。  このコラム連載でも、Pythonに関する記事はよく読まれている…

プログラマーの年俸が壊滅的に安いと話題 400万超はPythonとScalaのみという結果

1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [ヌコ] 2018/07/31(火) 19:04:31.27 ● BE:324064431-2BP(2000)
プログラム言語ごとの求人年平均と求人数をまとめてみました(順位は求人件数) 順位 言語 求人年俸額平均 求人件数 1 Java 3,781,306円 2,463 2 PHP 3,703,138円 1,…