IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

Web系関連記事: プログラミング、開発関連

「メモ帳」がLinuxの改行コードをサポート

投稿日:

1: ノチラ ★ 2018/05/09(水) 23:51:08.97 _USER
 Microsoftの開発者向けイベント“Build 2018”が米国シアトルにて開催中で、今日は2日目のキーノートセッションが行われていました。新しい機械学習技術やクロスデバイス体験などがお披露目されましたが、なかでも会場を沸かせたのがこれ。
no title


 なんと「メモ帳」が改行コード“LF(0x0A)”をサポートするのだそうです。Linuxなどで作成されたテキストファイルを「メモ帳」で開くと改行が認識されず、すべて一行で表示されてしまったりしますが、こうした不便が解消されます。

改行コードというのは、テキストの“改行”を表す特殊な文字(制御文字)のこと。一般的に“キャリッジリターン(CR:0x0D)”と“ラインフィード(LF:0x0A)”の2つをいい、もともとはタイプライターで紙を移動させる装置(キャリッジ)を元に戻す(リターン)操作と、紙を一行(ライン)だけ上に送る(フィード)操作を表しているのだそうです。

 どの制御文字を改行コードとして採用するかは歴史的な事情でプラットフォームごとに異なります。

Windows(CR+LF):CRとLFの2文字で改行を表す
Linux(LF):LFのみで改行を表す
古いMac(CR):CRのみで改行を表す
 “行を改めて行頭へカーソルを移動させる”操作を考えるとキャリッジリターンしてラインフィードする“CR+LF”が本来の意味に忠実な気がしますが、それだけのために2文字も使うのは馬鹿らしいという考えにも一理あると思います(現在ではあまり気になりませんが、かつてはメモリもディスクもネットワークも今よりずっと貴重でした)。

 さて、「メモ帳」の改善については公式ブログ“Windows Command Line Tools For Developers”で詳しく説明されていますが、それによると

最新の「Windows 10 Insider Preview」で試せる(編集部にてBuild 17661で確認)
新規作成ファイルは従来通りCR+LFコードで作成される
LFだけでなくCRもサポートする
ステータスバーに改行コードの種類を表示する
互換性に問題がある場合はレジストリを編集して元の挙動に戻せるようにする
のだそうです。Linuxで開発されたソフトのライセンスや利用許諾、設定ファイルはLFコードで書かれていることが多いですが、わざわざサードパーティ製のテキストエディターをダウンロードしなくても「メモ帳」で閲覧・印刷できるようになるのは結構うれしいですね。
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/1120764.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1525877468/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-Web系関連記事: プログラミング、開発関連

関連記事

AI、マージャンもトップ級 機械同士の対戦で腕磨く

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/29(日) 15:07:25.47 _USER
米マイクロソフトは8月末、マージャンで人間のトップ級に相当する人工知能(AI)を開発したと発表しました。既にAIが人間の最高位に勝った将棋や囲碁と比べ、マージャンは運の要素を含む複雑なルールのため、AIが勝つのは…

技適マーク、IoT対応緩和へ 技適なし最新端末が日本で使えるように

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/03/28(木) 23:38:33.34 _USER
このスレは下記のスレの続編になります。 【電波法改正】もう「日本スルー」はなくなる? 技適なし最新端末が日本で使えるように(前編) https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1553589924/…

5Gスマホ、2022年までに携帯端末出荷の43%に–ガートナー

1: ムヒタ ★ 2020/01/22(水) 11:41:49.74 _USER
 大手調査会社Gartnerの予測によると、5G対応スマートフォンは今後2年間で世界市場シェアを伸ばすという。Gartnerの調査チームは米国時間1月21日、スマートフォンの5G対応モデルについて、2020年には世界の携帯端末出荷台…

還暦COBOLはお荷物?リプレース計画が独自調査で判明

1: 田杉山脈 ★ 2019/03/25(月) 16:05:41.34 _USER
長く企業の基幹システムを支えてきたCOBOLは、2019年で生誕60年、いわば還暦を迎えた。では、COBOLは今、どんな状況にあるのか。調査結果から明らかにする。  日経 xTECHは2019年3月4日から15日まで、「COBOLに関する実…

「Folding@home」、コロナ解析プロジェクトの演算能力が1.5EFLOPを突破、元気玉かよ

1: さなえちゃん(東京都) [US] 2020/04/07(火) 18:03:46.44 ID:FcBRP13j0 BE:422186189-PLT(12015)
NVIDIAは、余剰CPU/GPUリソースを使って難病の解析に役立てる分散コンピューティング プロジェクトの「Folding@home」の演算能力が1.5EFLOPS(エクサフロップス)に達…