IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

企業別:サムスン

サムスンがAppleやGoogleなどに折り畳みディスプレイのサンプルを提供して売り込みか

投稿日:

1: 田杉山脈 ★ 2019/03/04(月) 14:55:24.30 _USER
00
2019年2月末に折り畳み型ディスプレイを採用したフォルダブルフォン「Galaxy Fold」を発表したサムスンが、早くもAppleやGoogleに折り畳みディスプレイを供給するプランを持ちかけていると韓国メディアが報じています。

iPhoneブランドを展開するAppleもフォルダブルフォンを意識しているのは間違いなく、Appleが折り畳みディスプレイを採用したモバイルデバイスの特許を出願していることは既に報じられています。

韓国メディアのETニュースによると、2019年2月27日にサムスングループの構成企業であるサムスンディスプレイが、Galaxy Foldに採用されているものよりも少しだけ小さい7.2インチの折り畳みディスプレイを作成してAppleに打診したとのこと。また、サムスンは同じディスプレイをGoogleやHuaweiにも売り込んでいるとETニュースは報じています。

スマートフォンメーカーとしてAppleとしのぎを削り、デザイン特許を巡って8年以上も法廷で戦いを繰り広げたサムスンですが、一方でAppleにiPhoneで用いられるディスプレイを提供してきたのもサムスンでした。例えば、iPhone XSとiPhone XS Maxで使われているSuper RetinaカスタムOLED(有機EL)ディスプレイはサムスンから供給されています。

また、GoogleはAndroid搭載型スマートフォンのフラッグシップモデルとして、自社開発のPixelシリーズを展開しています。もしAppleとGoogleがサムスンの折り畳みディスプレイを採用したモデルを発表すれば、フォルダブルフォン関連産業が急成長するきっかけになるだろう、とETニュースは述べています。
https://gigazine.net/news/20190304-samsung-apple-foldable-display/?utm_source=rss
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1551678924/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-企業別:サムスン

関連記事

サムスン「ギャラクシーフォールド」発売準備を完了

1: 田杉山脈 ★ 2019/07/23(火) 16:42:31.12 _USER
サムスン電子と中国ファーウェイ(華為技術)が折り畳み式スマートフォンをめぐりまた発売競争に入った。 両社は2月、それぞれ折り畳み式の「ギャラクシーフォールド」と「Mate X」を公開した後、発売作業を…

サムスン、料理を手伝うキッチンロボを披露–食材を切って調味料も入れられる

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/20(水) 16:55:05.76 _USER
サムスンはラスベガスで開催された「The Kitchen & Bath Industry Show」で、調理を助けるロボットアームなど、キッチンで使用する新しいロボットを複数展示した。 サムスンによると、「Bot Chef」ではさまざまな調理…

サムスン、5G用設備で日本に進出=韓国ネット「すごいこと」「日本は大人」

1: 田杉山脈 ★ 2019/10/05(土) 19:53:13.39 _USER
2019年9月30日、韓国・中央日報は、サムスン電子の5G用設備が日本に進出することを伝えた。 記事によると、日韓の関係者は「サムスン電子が今年から5年間(2019~2024年)、KDDIに対し20億ドル(約2156億円)分の5G用…

杉田水脈「中韓は技術で日本に勝てないから攻撃してくる」 サムソン、ハーウェイ「お、おう?????」

1: 名無しさん@涙目です。(ジパング) [KR] 2019/06/08(土) 16:21:27.73 BE:425021696-2BP(1500)
映画『主戦場』 https://spyboy.hatenablog.com/entry/2019/04/22/当 杉田によると 『従軍慰安婦問題の陰には中国が居る。 中国や韓国は日本のような優れた技術を持つ…

半年間で2倍になったワイヤレスイヤホン市場…サムスン、アップルを猛追

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/02(月) 23:15:10.06 _USER
ワイヤレスイヤホン市場の成長が著しい。コードをなくした便宜性だけでなく「耳の中の人工知能(AI)秘書」としての可能性のおかげで、アップルとサムスンはもちろん、中国企業まで競争に加勢している。1日、市場調査…