IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

企業別:Microsoft

キー不要に?WindowsのIME切り替えがMac方式に

投稿日:

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/26(水) 21:12:28.30 _USER
sfsindex
Windowsで[かな]と[英数]の入力モードを切り替えるときは[半角/全角]キーを使ってトグルする。これが近々Macと同じ方式に変わりそうだ。

 マイクロソフトWindows Blogの12月20日公開版によれば、Windows 10 Insider Preview 18305では、IMEのオン/オフを切り替える設定を強化しているという。これにより、スペースバーの左右にある[無変換]と[変換]キーの動作が変わる。

 従来は再変換などが割り当てられていたが、今回の変更により[無変換]はIMEオフに、[変換]はIMEオンとなる。つまり、MacやiOSのJISキーボードと同じだ。

 同ブログでは「フィードバックに基づき、[変換] キーを IME オンに [無変換] キーを IME オフにする設定を既定にしています」と説明。Macと同じくスペースバーの左にある[無変換]キー(Macでは[英数])で英数字(IMEオフ)、スペースバー右の[変換]キー(Macでは[かな])でIMEオンが割り当てられる。

[英数][かな]キーが初めて搭載されたのは1990年発売のApple Keyboard II JIS 。Appleの日本語環境の多くを作り出したエンジニア、木田泰夫さんが考案した。当時はPC-9801全盛期で、そのころのMS-DOSマシンのキーボードはDOS/VのOADG 109キーボードも含め日本語変換関連のキーが入り乱れていたので、Macはシンプルに行こうと[英数][かな]に決めたという。木田さんは、日本語と英語の切り替えキーを、モードを順次切り替えていくトグル方式ではなく、[英数]キーを押せば英数に、[かな]キーを押せばかなになる方式になった理由について「脊髄で学習できるようにしたかった」と説明している。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/26/news094.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1545826348/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-企業別:Microsoft

関連記事

新元号「令和」対応、マイクロソフトは更新プログラムで利用可能に

1: 田杉山脈 ★ 2019/04/01(月) 15:14:12.85 _USER
西暦645年に始まった大化から248番目となる新元号「令和」(れいわ)が発表された。典拠は、中国の古典ではなく、日本最古の和歌集である万葉集。具体的には、万葉集の巻五、梅花(うめのはな)の歌三十二首并せて序に含…

新しい「Microsoft Edge」がプレビューを卒業 ~Windows/Mac向け正式版のダウンロード提供が開始

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/16(木) 15:20:41.05 _USER
米Microsoftは1月15日(現地時間)、新しい「Microsoft Edge」を正式リリースした。同社は2018年12月、「Microsoft Edge」を「Google Chrome」などと同じ「Chromium」ベースで再構築する計画を発表。翌年4月に最初のプレ…

マイクロソフトのOffice関連サービスに障害–Teamsなどに影響

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/11/20(水) 13:41:25.01 _USER
 Microsoftは11月20日、Exchange OnlineやTeamsなどOffice関連のクラウドサービスが障害が発生していることを明らかにした。最近のネットワーク更新が影響している可能性があるとしている。  同社…

米マイクロソフト、排出する「すべてのCO2を回収」 2050年までに

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/17(金) 21:13:14.97 _USER
米マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は16日、1975年の創業以来排出してきた二酸化炭素(CO2)について、2050年までに「すべて」回収すると述べた。 マイクロソフトは、この目標を達成するために…

Windows 7、きょうサポート終了 「お疲れ様」「職場のパソコンまだ…」

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/14(火) 14:31:40.30 _USER
Windows 7の公式サポートが2020年1月14日に終了する。 SNSでは、別れを惜しむ声や、10年にわたる活躍をねぎらう投稿に加え、新環境へ移行していない人々からの焦りも出ている。 □12月時点で…