IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

Web系関連記事: プログラミング、開発関連

AI技術で「IQが低い生命」を選別、米企業が開発

投稿日:

1: 田杉山脈 ★ 2018/11/21(水) 23:41:39.90 _USER
gsdgindex
人工知能の倫理が何かと問題視されることが増えてきたが、最近、米国から「人工知能を使う人間の倫理」が問われそうなユースケースが報告された。

海外各メディアが報じたところによれば、米国の遺伝子検査企業Genomic Predictionが、人工知能など技術を用いて、生まれる前の赤ちゃんのIQを受精卵の段階で判定できる技術を開発。体外受精の施術過程で生まれてくる赤ちゃんの知能の予測する用意を、不妊治療専門の病院などとともに進めているという。

Genomic Predictionは、ミシガン州立大学のStephen Hsu教授らが2017年に立ち上げた企業だ。遺伝子検査に人工知能技術を取り入れることで、IQだけでなく、心臓病や糖尿病など身体的疾患、また精神的欠陥すらも、胚や受精卵の段階で選別できると主張している。

ここで言う、IQを調べる遺伝子検査のフローは以下の通りだ。まず、人工授精を行って5日経過した胚から細胞を抽出。そこからDNAを分離する。次いで、知能と関連した数百の遺伝子を同時に検査し、女性に着床させる胚を選別する。この最後の段階で、人工知能によるIQ予測値が90~110の平均より25ポイント低い場合は、“廃棄”することができる。

ちなみに科学の世界では、昨今、遺伝子と知能に関連するとする研究が盛んに発表されはじめている。例えば、昨年3月には、英エディンバラ大学の研究チームが、英国人24万人の遺伝子検査をおこなった結果、知能と関連した遺伝子538種を発見したと発表している。

Genomic Prediction側は、IQを調べることについて、平均より著しく低く生まれつく“リスク”を遮断するためと説明。一方で、倫理的議論が高まることを懸念して、高いIQを持つと予測される受精卵の選別には手を出さないとしている。

とはいえ、このように人工知能など最新テクノロジーを使った妊娠・遺伝子選別技術は、新たな優生主義の出現や、「生命のカスタマイズ」をさらに促すものであることはまず間違いないだろう。男児を産み分けることが需要として肥大化してしている中国やインドの例のように、一部の人々がGenomic Prediction側が否定するような、高いIQを持つ胚、もしくは赤ちゃんだけを望み、それに応える形でサービスや技術が“進化”を遂げてしまうシナリオも大いにありえる。

IQによる産み分けは、倫理的側面からもさることながら、合理性という側面からも議論が必要となってくるはずだ。無駄やリスクを徹底的に排除する社会は、人々を忙しく、またある意味で生きづらくする。そのプロセスを生前にまで拡張することは、人間にとって果たして良いことなのだろうか。

合理性の果てに、胚や受精卵の状態とはいえ生命を奪うことになるだけに、慎重かつ深淵な議論が展開されていくことを願いたい。
https://forbesjapan.com/articles/detail/23992
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1542811299/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-Web系関連記事: プログラミング、開発関連

関連記事

「Folding@home」、コロナ解析プロジェクトの演算能力が1.5EFLOPを突破、元気玉かよ

1: さなえちゃん(東京都) [US] 2020/04/07(火) 18:03:46.44 ID:FcBRP13j0 BE:422186189-PLT(12015)
NVIDIAは、余剰CPU/GPUリソースを使って難病の解析に役立てる分散コンピューティング プロジェクトの「Folding@home」の演算能力が1.5EFLOPS(エクサフロップス)に達…

日本の社長にお手あげ AI研究の第一人者

1: 田杉山脈 ★ 2019/05/17(金) 18:56:26.60 _USER
バブルははじける──。AI研究の第一人者、松尾豊・東京大学大学院教授はこう警鐘を鳴らす。多くの企業はマーケティングを目的に、単にITの活用をAIと言い換えているだけだと指摘する。経営者が技術を理解し、ビジネスと…

「メモ帳」がLinuxの改行コードをサポート

1: ノチラ ★ 2018/05/09(水) 23:51:08.97 _USER
 Microsoftの開発者向けイベント“Build 2018”が米国シアトルにて開催中で、今日は2日目のキーノートセッションが行われていました。新しい機械学習技術やクロスデバイス体験などがお披露目されましたが、なかでも会場を…

奴隷制を連想させるとして、Pythonで「master」「slave」といった単語が削除される

1: 田杉山脈 ★ 2018/09/14(金) 20:40:23.37 _USER
Pythonのバグトラッカーに、「Avoid master/slave terminology」という要望が寄せられている。これは「多様性のため」に奴隷制度を連想させる「master」「slave」という単語を削除するほうが好ましいという提案だ(Slashd…

善意育む「弱いロボ」 ごみ拾えずウロウロ→子供が手伝い 教育現場で実用化へ

1: ガーディス ★ 2018/06/04(月) 19:55:10.80 _USER9
ごみを拾えないごみ箱ロボット、もじもじしてうまくティッシュを配れないロボット--。豊橋技術科学大(愛知県豊橋市)が一見頼りない「弱いロボット」の開発を進めている。「不完全さを残すことで、人の優しさや手助…