IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

企業別:シャープ

シャープ「スマホ売れすぎワロタw」 2018年上半期No.1、シェアは25%超に

投稿日:

1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [GB] 2018/07/15(日) 22:38:33.35 ● BE:324064431-2BP(2000)
sdindex

Andoidスマホ2018年上半期No.1はシャープ、シェアは25%超に

 2017年のAndroid搭載スマートフォン年間販売台数No.1メーカーだったシャープが、18年上半期(1月~6月)も首位をキープした。全国の家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、シェアは25.9%。2位のソニーモバイルコミュニケーションズに6.1ポイントの差をつけて、トップに立っている。

 これまでキャリアごとに異なっていた製品ブランドを「AQUOS」に統一し、認知度を大きく向上させたシャープ。今年6月には、au/ドコモ/ソフトバンク向けに、動画専用ドラマティックワイドカメラと静止画カメラの両方を搭載した「AQUOS R2」を投入。
あわせて同社初のSIMフリー専用モデル「AQUOS sense plus SH-M07」を発売した。キャリアモデルからSIMフリーまで、幅広いラインアップで2年連続のシェアNo.1を狙う。
まったく新しい映像体験と最先端のディスプレイの「AQUOS R2」
 6月8日発売の新製品「AQUOS R2」は、135°の超広角カメラで臨場感のある動画を撮影しながら、同時に最大約2260万画素の高画質な静止画も撮影できる世界初のスマホだ。
動画撮影中の静止画撮影は手動だけでなく、AIが被写体や構図を分析し、決定的な瞬間に自動で静止画を撮影する「AIライブシャッター」機能も備えている。

 例えば、子どもの笑顔やペットがカメラを向いた瞬間など、写真として残したいが、とっさにシャッターボタンを押せないような場面でも静止画として切り取る。
動画撮影中、ずっと動画も撮り続けるので、動画で撮ればいいのか、静止画を撮ればいいのか、迷うことはなくなるわけだ。

 解像度1440×3040(WQHD+)、縦横比19:9の6インチに大型化し、応答速度も25%アップしたハイスピードIGZOディスプレイは、超高精細で見やすい。
さらに、スマホでは世界で初めて、ハイダイナミックレンジ(HDR)技術「Dolby Vision」と立体音響システム「Dolby Atmos」の両方に対応し、
Dolby Vision/Dolby Atmosに対応する映像コンテンツをよりリアルな映像、迫力あるサウンドで楽しめる。

 このほか、濡れた手や水しぶきがついた状態でも使える防水・防塵、混雑した場所でプライバシーを守る「のぞき見ブロック」など、
画面の見やすさや使い心地も改善した。カメラ以外の機能も充実した「R2」は、「R」の正統進化形と呼ぶにふさわしいハイエンドモデルだ。


https://www.bcnretail.com/market/detail/20180713_74690.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1531661913/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-企業別:シャープ

関連記事

Dynabook社 誕生へ、東芝が売却 シャープ傘下に

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/03(月) 18:32:50.07 _USER
東芝の経営再建の一環で売却され、シャープが買収した東芝の元パソコン子会社は、来年1月から社名を「Dynabook」にすると発表しました。  「Dynabook株式会社に変更いたします」(シャープ 石田佳久…

シャープ、NECのディスプレー事業買収へ 100億円 世界シェア3位浮上、韓国勢を追撃

1: ムヒタ ★ 2020/03/25(水) 11:47:51.76 _USER
シャープがNECのディスプレー事業を買収する。NECは広告などに使うデジタルサイネージ(電子看板)の海外事業に強みを持つ。シャープは買収で国内主体のディスプレー事業の海外展開を加速し、世界市場で先行する韓国サムス…

シャープ、賞与「年4回」に分散へ 格差、最大で8倍

1: ムヒタ ★ 2019/07/17(水) 07:31:33.74 _USER
 シャープの戴正呉会長兼社長は16日、堺市で報道陣の取材に応じ、従業員の賞与(ボーナス)を年4回に分けて支給する検討を始めたと明らかにした。現在は半期ごとの業績に基づいて夏と冬に支給しているが、四半期ごとの業績…

シャープ「ASEAN No.1ブランドを目指す」–戴社長直轄指揮で拡大戦略

1: ノチラ ★ 2018/06/17(日) 20:21:22.40 _USER
シャープの代表取締役社長である戴正呉氏が、ASEAN各国を訪問し、政府高官や大手量販店首脳と会談。トップ会談を通じて、シャープの製品や各国における施策などを説明。存在感をアピールした。  シャープは、2019年度を…

シャープ 事業の分社化進める ホンハイ子会社化3年

1: ムヒタ ★ 2019/08/12(月) 13:52:14.33 _USER
シャープが台湾のホンハイ精密工業の出資を受けて子会社となってから12日で、ちょうど3年がたちました。会社では事業の分社化を進め、他社からの出資を受けやすい態勢づくりに力を入れています。 シャープは3年前の8…