IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

Web系関連記事: プログラミング、開発関連

世界最強の囲碁AIを開発したDeepMindが「人間を超越したFPSプレイヤー」のAIを開発

投稿日:

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/06(金) 23:56:54.85 _USER
no title

Googleと同じAlphabetを母体に持ち、世界最強の囲碁AI「AlphaGo Zero」を開発した人工知能(AI)開発企業・DeepMindが、ファーストパーソン・シューティング・ゲーム(FPS)で人間を超えた勝率をたたき出すAI「For the Win(FTW)」を開発しました。ただ敵を倒すだけではなく、人間のチームメイトとも協力して有利にゲームをプレイすることができるとのことです。

Capture the Flag: the emergence of complex cooperative agents | DeepMind
https://deepmind.com/blog/capture-the-flag/

人間とゲームをプレイするAIの研究は、2017年にもOpenAI開発のAIが「Dota 2」で人間に勝利するという結果を残し、話題になりました。また、DeepMindも「StarCraft 2」をプレイするAIを研究していたことがあります。

今回、GoogleのDeepMindが開発した「FTW」は、1999年に発売された「Quake III Arena」をプレイ。「Quake III Arena」はマルチプレイヤー向けのFPSで、今でも大会が開かれるほど人気があるタイトルです。この「Quake III Arena」での対戦ルール「Capture the Frag(CTF)」という旗取りゲームを行い、人間と一緒にチームで遊べることを目指して学習を行ったとのこと。

CTFは2つのチームに分かれて対戦するゲームで、相手チームの陣地にある旗を奪って自陣に戻るとポイントが加算されるというもの。単純なルールに見えますが、相手チームに旗を取られた場合は旗を持っているプレイヤーを倒さなければならないなど、状況に応じて狙う相手や動きを変更しなくてはならず、CTFで要求される動きは複雑だと研究チームは評価しています。

戦いの舞台となるマップは同じものを使い続けるのではなく、マッチごとにマップを変更していたとのこと。これによって、FTWはマップのレイアウトを記憶するのではなく、汎用的な戦略を学習していかなければなりません。さらに、AIを人間と同じように成長させるため、従来のゲーム用AIのようにゲーム内でのパラメータを直接読み取ってプレイするのではなく、人間と同じように画面上のピクセルを認識させてエミュレートしたコントローラーで操作をさせています。

DeepMindの研究チームは、40人の人間プレイヤーと30のFTWのエージェントをランダムにマッチさせ、45万回以上CTFをプレイさせました。各エージェント間ではリカレント(回帰型)ニューラルネットワークが形成され、さらにゲームポイントから内発的動機付けを行うように学びます。これによってCTFを高いレベルでプレイするようになります。

以下のムービーで、実際にFTWのエージェントが人間も交えながらCTFをプレイする様子が見られます。
https://www.youtube.com/watch?v=dltN4MxV1RI



以下のグラフはFTWの成長具合を表したもの。横軸がゲーム回数、縦軸はEloレートと呼ばれるプレイヤーの強さを示す数字で、高いほど強いプレイヤーであることを示します。水色線がFTWのEloレートを示していますが、FTWのエージェントがCTFを15万回プレイした段階で既に「平均的な人間プレイヤーのEloレート(Average Humanと書かれた点線)」を超えていて、20万回へ到達しないうちに「強い人間プレイヤーのEloレート(Strong Humanと書かれた点線)」を超えています。CTFを45万回プレイする頃にはトップスコアを記録しています。
no title

以下ソース
2018年07月06日 11時23分
https://gigazine.net/news/20180706-deepmind-capture-the-flag/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1530889014/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-Web系関連記事: プログラミング、開発関連

関連記事

プログラミングで「飛び入学」千葉大が導入へ

1: ムヒタ ★ 2018/07/04(水) 15:09:01.72 _USER
 千葉大学は2日、高校2年修了後に大学入学できる「飛び入学制度」で、プログラミングが得意な高校生向けの入試方式を導入すると発表した。2020年春入学の試験から、工学部総合工学科情報工学コースで実施し、AI(…

AT&T「今までの5Gは本物の5Gではなかった」「本物の5Gの力を見せる」

1: 黒体放射(神奈川県) [ニダ] 2019/12/29(日) 20:04:50.88 BE:323057825-PLT(12000)
第5世代移動通信(5G)の壮大な構想が、徐々に実現に近づきつつある。最終的には、最も速い家庭向けブロードバンド通信サーヴィスの10倍にも達する通信速度が実現するとされている。 …

「バックアップ」してる?

1: 雪ちゃん(北海道) [US] 2019/10/09(水) 20:01:16.13 BE:422186189-PLT(12015)
2008/09/14(日) 22:30:48.60 ID:mNrtA2B90 深夜のメンテナンス作業で眠くて眠くて、ユーザーの伝票明細テーブルを間違ってTRUNCATEした。 ROLLBACKも効かない。 あせってArcserve…

無人店にAIガードマン NTT東など、新潟・上越妙高で

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/04/01(水) 15:35:59.22 ID:CAP_USER
NTT東日本などは1日から、上越妙高駅西口の無人店舗内に人工知能(AI)を活用した万引き防止サービスを導入した。店内に設置したAI内蔵のカメラで来店客の不審な動きを検知すると、近隣店舗のス…

個室トイレでサボっている社員をIoTで検知「トイレットマスター」

1: 田杉山脈 ★ 2020/03/14(土) 23:51:55.13 _USER
 センスウェイは、トイレにまつわるさまざまな課題をIoTによって解決する法人向けサービス「ToiletMaster」(トイレットマスター)の提供を開始した。  オフィス内のトイレ利用状況をIoTデバイスで管理可能にするユ…