IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

SIer関連記事: SE・PG・システム関連

「世界最速処理性能」 MUFGとAkamaiが新型ブロックチェーンを開発

投稿日:

1: あられお菓子 ★ 2018/05/22(火) 12:55:04.11 _USER
mufj
ITmedia NEWS 2018年05月21日 20時04分 公開
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/21/news103.html

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)とコンテンツデリバリーサービスなどを手掛ける米Akamaiは5月21日、
決済処理速度2秒以下で、世界最速の取引処理性能となる毎秒100万件の取引を可能にするという
新型ブロックチェーンを開発したと発表した。ブロックチェーンのメリットを犠牲にせず、取引の高速化と
大容量化を実現したとしており、19年度以降に新型ブロックチェーン技術を組み入れた決済インフラの
サービス提供を目指す考え。

 「分散型取引台帳」とも呼ばれるブロックチェーンは、参加者(ノード)それぞれが同じ台帳を持つ
非中央集権型の技術。送金履歴を記録した「ブロック」を相互に承認し、鎖のようにつなげていくのが特徴だ。
過去の全取引履歴が記録されたひとつなぎの台帳を多数の参加者間で共有するため、取引履歴の改ざんが
難しいとされている。

 ブロックチェーンの取引速度や処理容量は、ノード間の合意形成の速度に依存する。そのため、
従来のブロックチェーン高速化の取り組みではノード間の距離を短くして高速通信を行ったり、個々の取引を
記録せず合算結果のみをブロックに記録したりしていた。

 しかしこれらの方法では、ノードが地理的に分散せずシステムの継続性が下がる、詳細な取引記録が失われる、
といったデメリットがあった。

 MUFGとAkamaiが開発した新型ブロックチェーンでは、Akamaiが持つ130カ国3800カ所以上の拠点に配備された
サーバ群によって構成される配信基盤「Akamai Intelligent Platform」に全ノードを配置することでノード間の
高速通信を実現。

 さらにノード内のブロック生成や検証処理を高速・大容量化するための独自プログラムの開発により、
ブロックチェーンのメリットを保持した上で高速処理を可能にしたとうたう。

 毎秒100万件の取引速度までは実際のビジネスシーンを想定した環境下で検証したとしており、機能拡張により
毎秒1000万件超の取引も期待できるという。

 新型ブロックチェーンを組み込む新たな決済インフラ(ペイメントネットワーク)では、高速処理性能を生かし、
IoT時代の「時間単位課金」や「マイクロペイメント」などの新しい支払い手段や、「シェアリングエコノミー」
といった多様な決済シーンをサポートするオープンなプラットフォームの提供を目指す。

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1526961304/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-SIer関連記事: SE・PG・システム関連

関連記事

クレジットカードの不正取引、AIで約2兆7100億円分を抑止 Visaが試算

1: ムヒタ ★ 2019/06/19(水) 14:48:04.99 _USER
 Visaはこのほど、AI(人工知能)を使ったクレジットカードの不正監視システムで、推定で年間250億ドル(約2兆7100億円)の被害を防げたとする解析結果を発表した。  AIを活用した監視ツール「Visa Advanced Authoriza…

大量失業者を生むAIに負ける人と勝つ人の差

1: ノチラ ★ 2018/05/07(月) 14:11:01.88 _USER
AI(人工知能)が人間の知能を超える―― AIの概念が提唱されてから約70年を経た今、第3次AIブームが到来している。ちまたにはタイトルに「AI」という言葉を入れた書籍が溢れ、SF小説に出てきそうなAI脅威論が盛んに議論…

気色が悪い「顧客に寄り添う」をやめないSIerに再度警告する

1: 田杉山脈 ★ 2019/04/08(月) 18:34:10.86 _USER
日本の人月商売のITベンダーは「顧客に寄り添う」というフレーズが大好きだ。私からすると極めて気色悪い言葉なのだが、SIerだけでなく下請けITベンダーの経営幹部もよく口にするから、もはや日本のIT業界のアイデンティ…

ふるさと納税、制度設計に甘さ 仲介サイトにも問題

1: 田杉山脈 ★ 2019/05/14(火) 15:25:24.83 _USER
過熱するふるさと納税の返礼品問題で、とうとう制度から退場させられる自治体が出ることになった。再三のイエローカードにもかかわらず、趣旨にそぐわない返礼品を出し続けた結果だが、行き過ぎを許した制度設計に甘さが…

国税庁の業者、データを外部に丸投げ 69万件、マイナンバーなど個人情報 源泉徴収票まで

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/12/16(日) 10:48:30.82 ● BE:601381941-PLT(13121)
データ入力、無断で丸投げ=69万件、マイナンバー記載分も-国税庁 国税庁は14日、源泉徴収票などのデータ入力を委託した会社が、国内の別の業者に無断で再委託し…