IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

企業別:その他

「2019年はPC用HDDの販売数が半減する」とHDD部品で世界シェア1位の日本電産が予測

投稿日:

1: ムヒタ ★ 2019/05/08(水) 10:53:00.94 _USER
00_m
日本の電気機器メーカーである日本電産(Nidec)は、HDDなどに搭載されるスピンドルモーターにおいて世界1位のシェアを維持しています。そんな日本電産は、「2019年にPC用HDDの出荷量が前年比で50%近く減少する可能性がある」という見通しを発表しています。

HDD用のスピンドルモーターにおいて全世界で85%ものシェアを誇っている日本電産は、2019年3月期の決算説明プレゼンテーション資料中で、「HDD市場の中長期トレンド」と題したグラフを提示しました。

日本電産が発表したデータによると、2010年に6億5000万台だったHDDユニット販売台数は、2018年には3億7600万台にまで減少しており、下げ幅は実に43%。この減少傾向は今後も持続するとみられており、当初は2019年のHDD出荷台数を3億5600万台と見込んでいたところを、2019年3月期の決算説明時には3億900万台に下方修正しています。2020年にはさらに販売台数は減少し、2億9000万台にまで減少する予測だとのこと。

中でも大きく販売台数が減少しているのがPC用HDDであり、半導体メモリを使うSSDへの移行および市場の弱まりが大きな要因となっているそうです。PC用HDDの販売台数は2013年の2億8900万台から2018年には1億2400万台まで減少しているだけでなく、2019年の予測販売台数は6500万台と、2018年から2019年の下げ幅は実に48%にもなるとみられています。ほかの分野においてもHDDの販売台数は減少傾向にありますが、外付けHDDについてはほぼ横ばいとなっており、データセンター用途のHDDは上昇すると予測されています。

なお、日本電産はHDD用スピンドルモーターのシェアについては好調を維持し続けるとみており、2019年を通じて85%ほどのシェアを確保する見通しです。

2018年はSSDの容量単価が下落し続けてユーザーにとってありがたい1年となったほか、主要メーカー間での技術競争もさかんであり、記憶装置におけるSSDのシェア拡大を後押しする形となりました。HDD部品などを製造するメーカーは、2019年も引き続きSSDの台頭に押される形となると予測されています。
2019年05月08日 06時00分
https://gigazine.net/news/20190508-pc-hdd-shipments-predicted-drop/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1557280380/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-企業別:その他

関連記事

「プチ経験者」歓迎、IT・介護 派遣時給1月2.5%上昇

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/20(水) 16:51:45.69 _USER
「プチ経験者」歓迎――。人手不足が深刻なIT(情報技術)・介護分野で、未経験者の低時給での求人ラッシュが転機を迎えている。即戦力を求めて若干でも経験・知識のある「プチ経験者」を求める募集が増え、平均時給を押…

中国各地で広がる「Huawei支持」 観光地で入場料無料、地方政府幹部が拠点訪問

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/25(火) 11:34:56.99 _USER
中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が米中対立の焦点となっているが、中国各地では「ファーウェイ支持」の動きが広がっている。地方の観光地では、華為製品を持つ観光客の入場料を無料にするサービスを実施。中…

日本メーカーのパソコンを選ぶ意味は、本当にあるのか?法人向けは個人向けとは同列に語れない

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/20(金) 23:11:28.52 _USER
法人向けパソコンは個人向けパソコンとは同列に語れない 高性能なスペックや華々しいデザインなどが重視される個人向けパソコンに対して、企業が導入するパソコンは異なる評価軸がある。 企業では、評価/調達/運用…

no image

SATAのSSD使ってる情弱「体感差ない」 実際はポンコツMacBookよりモッサリ

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2018/12/22(土) 12:31:22.82 BE:422186189-PLT(12015)
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1159838.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1545449482/

古本もらい放題サービス「タダ本」 月額500円で毎月50冊まで中古コミックなど“無料”に

1: 田杉山脈 ★ 2019/12/02(月) 18:45:49.23 _USER
中古書籍通販サイト「ネットオフ」を運営するリネットジャパングループ(愛知県名古屋市)は12月2日、紙の中古本を月に最大50冊まで注文して入手できるサブスクリプションサービス「タダ本」を開始した。ネットオフで販売…