IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

Web系関連記事: プログラミング、開発関連

還暦COBOLはお荷物なのか?

投稿日:

1: 田杉山脈 ★ 2019/03/04(月) 14:52:19.04 _USER
sdvsd
1959年に誕生したプログラミング言語のCOBOL(Common Business Oriented Language)は、2019年で生誕60周年を迎えた。人でいえば還暦や定年に当たり、これから第二の人生を歩んでもおかしくない年数である。このままひっそりとした余生を過ごすと思いきや、最近COBOL関連のニュースに事欠かない。

 例えば、2019年1月24日には情報処理推進機構(IPA)が基本情報技術者試験を見直し、COBOLを午後試験の選択言語から外すことを発表した。また、厚生労働省の毎月勤労統計の問題も見過ごせない。厚生労働省が公表した報告書によれば、過去に不適切な調査が行われた原因はCOBOLエンジニア不足による「プログラムのチェック不足にある」という。

 最近のCOBOL関連ニュースには、何かとネガティブなイメージが付きまとう。まるで「お荷物」といった扱いだ。COBOLエンジニアが少ないのがその一因だろう。他にも、一般にCOBOLプログラムの運用・保守が高価になりがち、コードが冗長になりやすい、といったCOBOLの課題も挙げられる。

 その一方で、COBOLにはメリットも多い。10進数をそのまま扱え、演算結果に誤差が少ないのは最たるものだろう。英文のように記述できるので、誰にでも習得しやすいこともメリットだ。エンジニアの中には、COBOLでプログラミングの基礎や業務ロジックの生成方法を学んだという人も多いだろう。「もうCOBOLに足を向けて寝られない」といったエンジニアもいるはずだ。

 そこで日経 xTECHでは、COBOLに関するアンケートを実施したい。COBOLに対するイメージや、現在のCOBOLシステムの実情などを尋ねているので、ぜひご協力いただきたい。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00138/022500242/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1551678739/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-Web系関連記事: プログラミング、開発関連

関連記事

人間の耳は約20kHzまでしか聞こえない、「ハイレゾ音源」に意味はあるのか

1: 田杉山脈 ★ 2019/10/31(木) 20:50:11.53 _USER
プロの現場に「ハイレゾ音源」は必要  人間の耳は約20kHzの音までしか聞こえないのに、「ハイレゾ音源」に意味はあるのか──。  ハイレゾ音源を語る際に常に論争を呼ぶテーマがこの「20kHz問題」だ。解像度24bitと…

日本農業の存続待ったなし、救世主は外国人労働者かAIロボットか

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/25(火) 17:44:12.30 _USER
農家の高齢化と後継者難による深刻な人手不足で存続の危機が叫ばれる日本農業。政府が今月決定した外国人労働者の受け入れ拡大が働き手確保の決め手となるのか、あるいは人工知能(AI)を備えたロボット導入が新たな未…

無人店にAIガードマン NTT東など、新潟・上越妙高で

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/04/01(水) 15:35:59.22 ID:CAP_USER
NTT東日本などは1日から、上越妙高駅西口の無人店舗内に人工知能(AI)を活用した万引き防止サービスを導入した。店内に設置したAI内蔵のカメラで来店客の不審な動きを検知すると、近隣店舗のス…

除草剤を雑草だけに散布する農業ロボット「See & Spray」–深層学習で作物と区別

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/13(金) 03:57:53.92 _USER
 農業向け技術を手がける米国企業Blue River Technologyは、畑の雑草にだけ除草剤を散布するシステム「See & Spray」を開発した。除草剤の散布量を10分の1程度に減らせるうえ、除草剤に耐性のある雑草の増加抑止にもつな…

「物質を破壊して色を表現」 京都大iCeMS、新印刷技術を開発

1: 田杉山脈 ★ 2019/06/20(木) 19:19:44.56 _USER
アクリル樹脂などに代表されるポリマーに規則的に亀裂を入れることで発色させる新たな印刷技術を開発したと、京都大物質-細胞統合システム拠点(iCeMS、アイセムス)のシバニア・イーサン教授(化学工学)らの研究グルー…