IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

企業別:その他

iPhoneがOLED化するのは2020年、ジャパンディスプレイは台湾・中国ファンドと交渉中

投稿日:

1: ムヒタ ★ 2019/01/23(水) 07:18:11.33 _USER
rbrdindex
日本の有力電子部品メーカー、ジャパンディスプレイは台湾と中国のファンドからの出資受け入れの交渉中だと Wall Street Journalが報じて注目を集めている。日本の部品サプライヤーが苦境に陥った原因の一つはiPhone XRの販売不振にあるという。この記事でわれわれが注目したのは、AppleがiPhoneをOLED化するのは来年になるという部分だ。これは(驚きとまではいえなくても)興味深い。

WSJの記事は情報源として「事情に詳しい人々」としか述べていないが、大筋で納得できるものだ。OLEDディスプレイの製造テクノロジーが進歩するにつれて価格は低下し、多くの人々が手にしやすくなる。Appleが部品のコストカットを止めてOLEDを採用することになるかどうかはともかく、LCDディスプレイのXRの売れ行きがAppleが望むようなものでなかったのは確かだ。

Appleは失望が大げさに伝えられるのを警戒し、廉価版モデル(XSより250ドル安い)が iPhoneの中でいちば人気があると述べている。しかし廉価版であろうとなからろうと、スマートフォン市場は全体として縮小傾向にある。これはAppleに限った現象ではない。

また常に最新のテクノロジーを採用し続けねばならないというのもこの業界の必然だ。たただし、Appleの場合採用は今年ではないようだ。この秋に発表されるXRの後継機はこれまでどおり通常LCDディスプレイとなる。ライバルの多くはすでにOLEDに移行しており、さらに「折り畳める」ディスプレイの採用に取り組んでいる。ただし実機が市場に登場するまでにはまだ時間がかかるようだ」。

2020年にAppleは5G iPhoneを発表するという。
2019年1月23日
https://jp.techcrunch.com/2019/01/23/2019-01-22-the-iphone-is-reportedly-going-oled-only-in-2020/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1548195491/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-企業別:その他

関連記事

ファーウェイ、米連邦取引委員会に支援求める 市場アクセス制約「消費者に損害」

1: ムヒタ ★ 2018/08/30(木) 06:57:42.20 _USER
 米市場へのアクセスを制約されている中国の通信機大手、華為技術(ファーウェイ)が米連邦取引委員会(FTC)に支援を求めていることが分かった。  同社はFTCへの20日の届け出で、安全保障絡みの制約が「より…

アイリスオーヤマ 貿易摩擦で調達先を中国から東南アジアへ

1: ムヒタ ★ 2018/11/29(木) 09:45:51.91 _USER
大手生活用品メーカーの「アイリスオーヤマ」は、生産に欠かせない「金型」のアメリカ工場向けの調達先を、中国から東南アジアに移すことになりました。アメリカと中国の貿易摩擦で、トランプ政権が中国産の金型への関税を…

PCをHDDからSSDにコピーして換装した場合再度OSの認証必要なの?

1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [JP] 2019/02/14(木) 16:35:27.64 BE:194767121-PLT(12001)
ASUS,オーバークロッカー向けのZ390マザー「ROG MAXIMUS XI APEX」 https://www.4gamer.net/games/047/G004755/20190214085/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/rea…

平均年収2088万円 キーエンス、7期連続最高益の秘密

1: 田杉山脈 ★ 2019/05/08(水) 18:33:51.31 _USER
成長を続ける企業の条件は、いつの時代も変わらない。独自の強みを見つめ直し、徹底的に磨き続けることだ。その代表格が、工場の自動化に不可欠なセンサー機器を手掛けるキーエンスだ。多くのメーカーが相次ぎ下方修正に…

通信サービス「ギガ放題」広告 東京高裁が賠償命じる逆転判決

1: ノチラ ★ 2018/04/19(木) 23:24:38.91 _USER
インターネットの通信サービスで「ギガ放題」というプランを契約した男性が広告とは異なり、実際には速度制限があったとして通信会社などを訴えた裁判で、東京高等裁判所は1審とは逆に会社側に対し賠償を命じる判決を言い…