IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

企業別:東芝

東芝のラジカセ(18000円)が売れまくっている背景に何が

投稿日:

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/12/02(日) 22:32:01.87 BE:878978753-PLT(12121)

「Aurex(オーレックス)」と聞いてピンと来た人は、きっと古くからのオーディオファンであろう。
かつて東芝が発売していたオーディオ機器ブランドだが、一時途絶えた後、2016年3月に東芝ライフスタイルグループの
オーディオ機器会社である東芝エルイートレーディングから復活した。ブランド復活の第一弾は、ハイレゾ(ハイレゾリューション)
音源の再生に対応したCDラジオ「TY-AH1000」。そして第2弾が、18年に発売された「TY-AK1/同AH1」である。

 いずれもハイレゾ相当の音源の再生に対応したもので、3月に発売された「TY-AK1」はカセットテープ対応のCDラジカセ、
4月に発売された「TY-AH1」はBluetoothのワイヤレス再生対応CDラジオ。中でも「TY-AK1」は、
カセットテープの音源をハイレゾ相当の音質に再生できることから、発売と同時に話題となり、販売をけん引。2モデル合わせて1500台という
目標をクリアしそうな勢いで売れている。
no title


現在、多くの人がスマートフォンで音楽を聴いていると思うが、実はラジカセも一定の市場規模を維持している。
市場を支えているのは主にシニア世代で、使用目的は大きく2つあるという。

 1つめは、シニア世代が大好きな演歌歌手の曲をカセットテープで聴いたり、カラオケの練習や録音に使ったりしている。
そのために、マイク端子の搭載はもちろんのこと、カラオケを聴きながら自分の歌をカセットテープに録音することができる
ダブルカセットタイプが、東芝エルイートレーディングから発売されている。

 2つめは、主に50代が青春時代に録音したカセットテープを聴いている。過去に録音したカセットテープを大切に保管している人たちが
ラジカセを買い求めているのだ。カセットテープを再生できるハードウェアが減少してきていることを踏まえ、カセットテープから
SDカードやUSBメモリーにダビングできるラジカセを、同社では開発している。
no title


http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1811/30/news012.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1543757521/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-企業別:東芝

関連記事

指かざすだけで決済 日立と東芝、2020年実用化へ

1: 田杉山脈 ★ 2019/03/03(日) 16:35:07.98 _USER
日立製作所と東芝は、指1本をかざすだけでキャッシュレス決済ができるサービスを始める。指の静脈を使う日立の生体認証技術と東芝のPOS(販売時点情報管理)端末を組み合わせた。5月から実証実験を始め、2020年の実用化を…

東芝 東大と連携しAI人材増やす方針 技術者獲得競争の中

1: ムヒタ ★ 2019/11/07(木) 06:11:28.03 _USER
AI=人工知能の活用が広がり、企業の間で専門性の高い技術者の獲得競争が激しくなる中で、東芝は東京大学と連携して、社内でAIの人材を育成する独自のプログラムを開発し、技術者を大幅に増やす方針を固めました。 …

東芝も陥落 パソコン日本勢、どこで間違えたか

1: ノチラ ★ 2018/06/05(火) 18:34:54.24 _USER
東芝は5日、シャープにパソコン事業を売却すると発表した。東芝は世界初のノートパソコン「ダイナブック」を生んだ草分け的存在だが、実質的にシャープの親会社である台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入る。NEC…

電子立国に幕、人事が足かせに 東芝メモリ売却完了

1: ムヒタ ★ 2018/06/04(月) 07:33:36.47 _USER
東芝は6月1日付で半導体メモリー事業の売却を完了した。日系の電機大手は液晶パネルに続きメモリー事業も手放すことになる。半導体やパネル分野の技術者たちは事業縮小を続ける自社に見切りを付けて海を渡り、技術流出は…

東芝再生に追い風 主力3行が格上げ検討 メモリ売却確定で財務内容改善

1: ムヒタ ★ 2018/05/19(土) 07:10:49.05 _USER
東芝の主力取引銀行である三井住友銀行、みずほ銀行、三井住友信託銀行が融資先格付けに当たる「債務者区分」を上から2番目の「要注意先」から「正常先」に引き上げる方向で検討に入ったことが18日、分かった。2018…