IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

SIer関連記事: SE・PG・システム関連

鳥越俊太郎氏(78)が電子マネー強制社会に怒り 「私たちは現金世代」

投稿日:

1: trick ★ 2018/10/04(木) 00:49:34.19 _USER
鳥越俊太郎氏(78)が電子マネー強制社会に怒り 「私たちは現金世代」(マネーポストWEB) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181003-00000004-moneypost-bus_all
no title

10/3(水) 16:00配信

「人生100歳時代」「生涯現役」と、長生きを肯定的にとらえるフレーズが市民権を得るようになってきたが、世の高齢者たちは、心の中では怒っている。昨今の電子マネーの急速な普及に伴う社会の変化に怒りを感じているのは、ジャーナリスト・鳥越俊太郎氏(78)だ。

「私たちは現金世代です。支払いはキャッシュじゃないと落ち着かない」(鳥越氏。以下「」内同)

 世のキャッシュレス化は凄まじい勢いで浸透している。

「先日、取材で中国に行ってきたのですが、あちらではデパートやコンビニはもちろん、小さな雑貨店のようなお店までキャッシュレスですよ。皆さんスマホに表示したQRコードをお店の端末に『ピッ』とやって支払う。私はガラケーなので困ってしまった。日本でもどんどん、“現金お断わり”の店が増えていくんでしょう。そうした変化のスピードには驚くばかりです」

 ロイヤルホストなどを運営する外食大手・ロイヤルHDは昨年11月、完全キャッシュレスのレストラン「ギャザリング・テーブル・パントリー」(東京・中央区)をオープンした。同店にはいわゆるレジがない。各種クレジットカードやSuicaなどの交通系カード、またはスマホを介した方法で支払うのだ。現金は一切お断わりということである。

「ポケットの小銭をジャラジャラさせているから、それが減ると“お金を使った”という感覚が得られる。カードやスマホだと“お金を支払う”という行為を意識しにくいから、ついつい使いすぎてしまうような気がする。ビジネスとしては正解かもしれないけど、私のような現金派としては疑問ですね」

 東京・中央区のある映画館では、ポップコーンやドリンクなどを販売する売店でキャッシュレス専用レジ3 つに対し、現金専用レジが1つしかない。

 週末の混雑時には現金専用レジの前に長蛇の列ができ、キャッシュレスレジがガラガラになる。“電子マネーの使えない年寄りは行列に並べ”と言われているのと同じだろう。

「私も書籍や日用品の購入をカード決済の通販に頼ることが増えてきた。確かに便利だけれど、レジで直接、お釣りを渡してもらって会話があるほうが、生活が明るくなるでしょ」

※週刊ポスト2018年10月12・19日号
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1538581774/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-SIer関連記事: SE・PG・システム関連

関連記事

経産相「キャッシュレス化停滞しない」 セブンペイサービス廃止で

1: ムヒタ ★ 2019/08/02(金) 11:59:15.45 _USER
世耕弘成経済産業相は2日の閣議後記者会見で、セブン&アイ・ホールディングス(3382)が、スマートフォン決済サービス「セブンペイ」を9月末で終了すると発表したことについて「今回のサービス廃止は、抜本的な解決に相当な…

「実力を詐称する能力」に秀でた人がいる、あの有名エンジニアは本当に優秀なのか

1: 田杉山脈 ★ 2020/03/13(金) 18:26:57.76 _USER
日経クロステックの記者は編集者も兼ねていることが多い。自分で記事を書くのに加え、外部の寄稿者に原稿執筆を依頼することもある。  技術系の編集者にとって重要なのは、執筆依頼先になる「技術に関する知識がしっ…

2020年代、IT業界の人月商売が続く最悪シナリオの現実味

1: ノチラ ★ 2018/05/12(土) 17:57:47.80 _USER
「木村さん、あなたの大予言はどうやら外れそうだね。2020年代になっても人月商売のITベンダーが相当数、生き残りそうじゃないか」。最近、大手SIerの幹部から私にそんな言葉が飛んだ。私はこの「極言暴論」を書き始めてか…

中国、重要技術の輸出制限検討 人民日報など報道

1: 田杉山脈 ★ 2019/06/09(日) 22:52:02.93 _USER
中国政府がハイテク領域などで独自技術の輸出を制限する制度を検討する。中国共産党機関紙の人民日報などが9日、政府が近く「国家技術安全管理リスト」と呼ぶ仕組みを設けると報じた。米中ハイテク摩擦が激しくなるなか米…

SIerに「炎上マニア」のプロマネが存在する本当の理由

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/25(月) 19:20:04.67 _USER
世の中には変わった人が大勢いるが、まさかSIerのプロジェクトマネジャーの中に「炎上マニア」がいるとは思わなかった。  システム開発プロジェクトの途中でトラブルが発生して炎上すると、開発チームは大変な苦労を…