IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

携帯関連:iPhone

iPhone価格、天井に接近 周辺サービス・アクセサリーに活路

投稿日:

1: ムヒタ ★ 2018/08/11(土) 16:31:15.01 _USER
xcindex
 米アップルの投資家は長年、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の後に何が来るのか疑問を抱いていた。その答えは、アイフォーンに取って代わる新製品ではなく、アイフォーンへの依存を強めるサービスとアクセサリーのコレクションの充実だろう。

 直近の四半期決算発表では、アップルが最近、販売台数ではなく販売単価の上昇を通じてアイフォーンの成長を図っていることが確認された。アイフォーンの売上高は4~6月期(第3四半期)に20%増加した。約1000ドル(約11万円)の「X(テン)」の売れ行き好調を追い風に、平均販売価格(ASP)は724ドルに上昇し、前年同期を19%上回った。

 ルカ・マエストリ最高財務責任者(CFO)は7月31日遅くのアナリストとの電話会議で、ASP(ネット経由のアプリケーションサービス)の上昇が近い将来繰り返されないことを示唆。「アイフォーンのASPについて私が唯一言及するのは、過去に比べて著しく高い水準で4~6月期が終了している点だ。7~9月期(第4四半期)に入る中でそれに留意することが重要だ」と述べた。

 この発言はアップルがアイフォーン価格を全体的に大きく引き上げない方針を示唆する。ブルームバーグ・ニュースの報道によると、アップルは顔認証機能搭載の低コスト機種のほか、Xの更新版とXの大型機種の3機種の投入を計画している。価格は700ドル程度から1150ドルと予想されており、現行価格水準並みとなる見通し。

 ストラテジー・アナリティクスのアナリスト、ニール・モーストン氏は「アップルは消費者にアイフォーン代として安心して請求できる金額の上限に接近している」と指摘。モーニングスター・リサーチ・サービシズのシニア株式アナリスト、アブヒナブ・ダブルリ氏は「確かに天井はあると思う。アップルケアとアイフォーンの最上位機種で費用は既に1500ドル前後に上っている」と述べた。

 1、2年前なら、アイフォーン価格が上限に達するとの見方からアップル株は売り込まれたかもしれない。しかし今は、既存のアイフォーンユーザーに「アップルペイ」や「アップルミュージック」といったサービスか、「エアポッド」や「アップルウオッチ」といったアクセサリーの機器を売るという解決策が同社にはあると大半のアナリストが受け止めている。

 アップルの4~6月期のサービス収入は過去最高の95億ドルと、前年同期から31%増加した。その他製品の売上高も37%増えた。(ブルームバーグ Mark Gurman)
2018.8.11 15:30
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180811/bsj1808111530002-n1.htm
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1533972675/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-携帯関連:iPhone

関連記事

iPhone、料金プラン増えるかも 納入契約見直しへ

1: ムヒタ ★ 2018/07/11(水) 06:17:57.30 _USER
 スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の納入をめぐり、米アップルとアップルジャパン(東京)が、国内の携帯大手3社と結んでいる契約について公正取引委員会から独占禁止法違反(不公正な取引方法)にあたる…

iPhone XRの登場でAndroidからの乗り換えユーザーが増加、「高価なiPhoneの需要は少ない」という報道を覆す結果も

1: ムヒタ ★ 2018/12/27(木) 11:06:08.89 _USER
調査会社のConsumer Intelligence Research Partners(CIRP)が公開した最新のレポートが、iPhone XRは発売から最初のひと月でiPhone 8やiPhone Xといった2017年モデルのiPhoneよりも多くのAndroidからの乗り換えユーザーを獲…

5G対応iPhone、20年まで先送り ライバルは19年前半

1: ムヒタ ★ 2018/12/05(水) 14:58:31.46 _USER
 米アップルが2019年にサービスが始まる次世代高速通信、第5世代(5G)ネットワークに対応する新型「iPhone(アイフォーン)」の発表を少なくとも2020年まで先送りすることが分かった。  米ベライゾ…

Apple、インドで苦戦中。iPhoneのシェアは2%、責任者が相次いで退職

1: ムヒタ ★ 2018/07/16(月) 06:29:38.86 ID:CAP_USER
Appleがインド市場でiPhoneの販売に苦戦しています。2018年前半の販売台数は100万台を下回り、通年でも前年割れと見込まれています。最近は、販売関連部門の要職者が相次いで3人退職するなど、販売部門は混乱状態にあ…

iPhone Xだけで2017年第4四半期スマホ全利益の35%を獲得

1: ムヒタ ★ 2018/04/18(水) 10:08:45.04 _USER
2017年第4四半期(10-12月)における世界スマートフォン市場の利益は、対前年同期比で1%減となったにも関わらず、iPhone Xは単独で利益全体の35%を占め、Appleの利益を対前年同期比で1%増とするのに貢献したことがわかり…