IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

ニュース

西和彦氏「MSがスマホで負けたのはWindowsのフルスペックをスマホに移植しなかったから」

投稿日:

 3

元マイクロソフト副社長の西和彦氏は、同社がスマホ時代の敗者となった理由を語った。戦略ミスだという。

中略
Windowsが果たした偉大な功績は、改めて紹介するまでもないだろう。パソコンは、1992年頃から世に出始め、マイクロソフトが1995年に発売したWindows95を契機に劇的に普及する。また、業務用ソフトとしても発展を続け、ビジネスオペレーションのインフラにもなっていった。

そんな巨人が、初めてうろたえるほどの衝撃を受けたのが、スマートフォンの登場だった。

マイクロソフトも、「Windowsモバイル」というスマホを開発した。このOS自体は、「iOS」や「アンドロイド」に決して負けない優れたOSだった。しかし、最大の戦略ミスは、Windowsのフルスペックをスマホに移植しなかったことだ。スマホでWindowsが動く世界、言い換えればWindowsがプラットホームとなるスマホを創らなかった。それが最大の敗因になった。

スマホでWindowsがフルで動かせたならば、絶対にWindowsが勝者になっていただろう。なぜならば、日常の暮らしや仕事で使っているOSが、そのままスマホというユビキタスなツールでも使えるからだ。

しかし、マイクロソフトにその発想はなかった。「スマホにはスマホのOSが必要だ」と考えたのだ。フルスペックWindowsのスマホへの移植に挑戦していれば、今の状況は大きく変わっていたはずだ。

こうしたマイクロソフトの戦略ミスを誘引したのはインテルだ、というのが私の見立て…
続きはソース元で
https://diamond.jp/articles/-/174855


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-ニュース

関連記事

Huawei、個人情報保護に約2100億円を投入。日本などの排除に危機感

華為技術(ファーウェイ)の創業者、任正非氏は、情報通信技術(ICT)の分野での個人情報保護のため、今後5年間で20億ドル(約2100億円)を投入すると明らかにした。
欧米などで通信の安全上の懸念から同社製品を排除する動きが広がっていることへの危機感が背景にある。ネ…

【朗報】ふるさと納税に家電が続々復活。今がチャンスか!?

ふるさと納税において、一部地域から「家電」が続々と復活しているという。
今年10月、九州地方の返礼品が「脂身だらけの肉」だったとネットで炎上する事件があったが、こうした“ガッカリ商品”に当たらないために手堅いのは「家電」だと内田編集長は言う。 「大手メー…

【悲報】日本の少子化、ガチでヤバすぎる件。年間出生数92万人で過去最小

厚生労働省は21日、2018年の人口動態統計(年間推計)を発表した。出生数は、過去最小の92万人だったという。
18年生まれの子どもの数(出生数)は過去最少の92万1000人となり、3年連続で出生数が100万人を下回る見通しだ。少子化傾向に歯止めがかかって…

【悲報】菅首相「開催国としての責任果たした」 「厳しすぎる感染対策は日本だからこそできた」

1:ネトウヨ ★ 2021/08/09(月) 12:10:58.77 ID:7iqAD9+29
東京オリンピックの閉幕を受け、菅総理大臣は、総理大臣官邸のツイッターにビデオメッセージを投稿し、新型コロナウイルスの影響でさまざまな制約がある中、開催国の責任を果たし、パリ大会にバトンをつなぐことが…

三井住友銀行がスーツ着用のルール見直し、自由な服装で勤務が可能に

三井住友銀行が、スーツ着用のルールを見直し、自由な服装を認める取り組みを本格的に始めたという。
三井住友銀行は、勤務中にスーツを着用するという原則を今月から取りやめました。 カジュアルな服装を認め、最初の営業日の2日は、東京 丸の内の本店にポロシャツなど…