IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

ニュース

世界最強の囲碁AIを開発したDeepMind、FPSで人間を超えた勝率をたたき出すAIを開発

投稿日:

世界最強の囲碁AI「AlphaGo Zero」を開発したDeepMindが、ファーストパーソン・シューティング・ゲーム(FPS)で人間を超えた勝率をたたき出すAI「For the Win(FTW)」を開発した。

ただ敵を倒すだけではなく、人間のチームメイトとも協力して有利にゲームをプレイすることができるとのことです。

今回、GoogleのDeepMindが開発した「FTW」は、1999年に発売された「Quake III Arena」をプレイ。「Quake III Arena」はマルチプレイヤー向けのFPSで、今でも大会が開かれるほど人気があるタイトルです。この「Quake III Arena」での対戦ルール「Capture the Frag(CTF)」という旗取りゲームを行い、人間と一緒にチームで遊べることを目指して学習を行ったとのこと。

CTFは2つのチームに分かれて対戦するゲームで、相手チームの陣地にある旗を奪って自陣に戻るとポイントが加算されるというもの。単純なルールに見えますが、相手チームに旗を取られた場合は旗を持っているプレイヤーを倒さなければならないなど、状況に応じて狙う相手や動きを変更しなくてはならず、CTFで要求される動きは複雑だと研究チームは評価しています。

戦いの舞台となるマップは同じものを使い続けるのではなく、マッチごとにマップを変更していたとのこと。これによって、FTWはマップのレイアウトを記憶するのではなく、汎用的な戦略を学習していかなければなりません。さらに、AIを人間と同じように成長させるため、従来のゲーム用AIのようにゲーム内でのパラメータを直接読み取ってプレイするのではなく、人間と同じように画面上のピクセルを認識させてエミュレートしたコントローラーで操作をさせています。

DeepMindの研究チームは、40人の人間プレイヤーと30のFTWのエージェントをランダムにマッチさせ、45万回以上CTFをプレイさせました。各エージェント間ではリカレント(回帰型)ニューラルネットワークが形成され、さらにゲームポイントから内発的動機付けを行うように学びます。これによってCTFを高いレベルでプレイするようになります。
続きはソース元で
http://gigazine.net/news/20180706-deepmind-capture-the-flag/



続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-ニュース

関連記事

国内IT、首位の富士通がNTTデータに抜かれそう

国内ITサービス売上高において、2位のNTTデータが1位の富士通に迫りつつあるという。
表に示していないが富士通は海外売上高の4.1%減収が響いた。英独子会社の不振とハードウエア製造拠点の閉鎖が連結決算の足を引っ張っている。富士通の事業分野別売上高(単独決算)を見…

政府、成長戦略会議を設置。竹中平蔵氏らを任命

1:Stargazer ★ 2020/10/15(木) 17:57:12.83 ID:g0Bg7Ift9
政府は成長戦略の具体策を議論するために新たに設置する「成長戦略会議」のメンバーに元金融アナリストのデービッド・アトキンソン氏らを起用する方針で、近く初会合を開くことにしています。政府はこれまで成長戦…

ファミマ、緊急時に最適な使い捨て下着「ワンデーパンツ」を発売

ファミリーマートは、使い捨てタイプの男性用下着「1DAY PANTS(ワンデーパンツ)」を発売した。急な出張・宿泊などのニーズに対応する狙い。
20~40代の男性が主なターゲットで、価格は税込150円。サイズはウエストが70~84センチの「M-L」と、84~100センチの「L-LL」の…

コロプラ、セルラン操作問題の調査結果を公表。プロデューサーが取締役辞任

コロプラは13日、新作ゲームの売り上げ順位を不正に操作するため取引先にゲーム内で課金を依頼していた問題で、第三者を含めた調査委員会の報告を公表した。
ゲームのプロデューサーだった森先一哲取締役が事前に問題を認識していた可能性が高いと指摘。森先氏は同日付で辞…

孫正義氏「日本がAI後進国なのはモノづくり至上主義だから」

ソフトバンクグループの孫正義社は、日本がAI後進国になったのは「モノづくり至上主義のせい」と指摘した。
孫社長は1980年代の日本と米国が貿易摩擦で緊迫していた状況を振り返りつつ、「今は米国と中国がAI競争でトップ争いをしている。日本は後発で蚊帳の外の状態」と憂…