IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

経済

月7万円支給のベーシックインカム、日本での実現は可能か

投稿日:

no title

AI(人工知能)時代には、BI(ベーシックインカム)導入が不可欠だという。日本での実現は可能なのだろうか。

──日本で導入するとすれば1人月額7万円給付が妥当なのですか。

国民全員に最低限の生活が送れるだけのおカネを配るとなれば、今なら7万円が妥当と思っている。会社を辞めない額で、同時に最低限の生活の助けになるぎりぎりを考えると、7万円かなと。3人家族だったら、7万円×3人の21万円。4人家族だったら28万円もらえる。厳密な根拠があるわけではないが、たとえば合計30万円、40万円になると仕事を辞める可能性も強まるし、逆に家族全体で1ケタ万円ではさすがに生活は厳しい。

──生活保護制度とのかかわりは。

現行の生活保護制度で実際に給付を受けている人は「有資格者」の2割ぐらいとみられる。もらえるはずの人をこのままほうっておくのか。残りの8割の人にもきちんと給付するとすれば、経費を含めて財源をどう増やすのか。そこまでやっても取りこぼしはかなり出る。いっそ国民全員に給付したほうがいいから、生活保護よりもBIは優れていると見ている。

──労働意欲との兼ね合いは。
今の生活保護はある程度おカネを稼ぐと、給付額が減らされる。労働に対するインセンティブがあまりない。BIだったら、税金は多少払うが、7万円はもらえて基本的に全額が自分の所得になる。別途働けば働くほど稼ぎが増えていく。むしろ労働意欲がそがれることのない制度といっていい。これまでの先進国での実験は5万円から10万円の給付だが、気持ちに余裕ができ、むしろ労働供給量が増える可能性さえある。
続きはソース元で
https://toyokeizai.net/articles/-/221425


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-経済

関連記事

Amazonが時価総額1兆ドルを突破。Apple以来、米企業として2社目

4日の米株式市場で、アマゾン・ドット・コムの時価総額が1兆ドルを突破した。
時価総額の1兆ドル超えは8月2日のアップル以来、米企業として2社目。看板事業であるネット通販サイトだけでなく、クラウドサービスや広告など収益性が高い事業が急成長し、成長期待が一段…

中国は2030年までに米国抜き世界一の経済大国に、インドは日本とドイツを抜き3位に。HSBC予測

中国は2030年までに米国を抜き世界一の経済大国になりそうだと英銀HSBCホールディングスが指摘した。 また30年までにインドが日本とドイツを抜き世界3位の経済大国になると予測した。
同行が25日公表した75カ国対象の新たな分析結果によれば、中国は今後10年も世界経済…

政府、消費増税時に中小店で購入額の2%分ポイント還元を検討。キャッシュレス客が対象

2019年10月に予定する消費税率10%への引き上げにあわせ、政府が検討している経済対策の骨格が分かった。
中小小売店での商品購入時、クレジットカードなどキャッシュレス決済を使った消費者に対し、購入額の2%分をポイントで還元する。中小によるキャッシュレス決済の導入拡…

【朗報】仮想通貨、ガチのマジで第二のバブル到来。あれもこれも爆上げ爆益

1:風吹けば名無し 2020/11/24(火) 14:43:51.11 ID:QPGBXbNqa
来てるぞ

中小企業の66%「従業員が不足している」

日本商工会議所は6日、中小企業の人手不足の状況について調査結果を発表した。
従業員が不足していると回答した企業は66.4%で前回の2018年度調査と比べて1.4ポイント上昇した。4年連続で人手不足感が強まった。業種別では最も不足感が強かったのは宿泊・飲食で81.8%だった。…