IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

Web系関連記事: プログラミング、開発関連

スパコン世界ランクが激変 中国が首位陥落、米国返り咲き 日本最速「暁光」は姿消す

投稿日:

1: ガーディス ★ 2018/06/25(月) 17:34:31.52 _USER9
dgg
スーパーコンピューターの計算速度の世界ランキング「TOP500」が25日、ドイツで開催中の国際会議で発表され、米国が中国を退け2012年以来の首位に返り咲いた。
国の助成金詐欺事件で逮捕、起訴されたベンチャー企業の前社長らが開発し、日本最速だった「暁光」はランクから姿を消した。

暁光は「ペジーコンピューティング」(東京)が開発。昨年11月の前回発表で国内最高の4位に躍進して注目を集め、前社長は今年中に世界トップを目指すとしていた。
事件を受け、関連会社に開発費を融資した科学技術振興機構が調査し、当初の計画を満たせなくなったとして開発中止を決定。設置していた海洋研究開発機構の横浜研究所からも撤去された。

トップに躍り出たのは米オークリッジ国立研究所の「サミット」。計算速度は毎秒12京2300兆回(京は1兆の1万倍)で、前回の首位から2位に後退した中国の「神威太湖之光」(同9京3014兆回)を大きく上回った。
3位は米ローレンス・リバモア国立研究所の「シエラ」、4位は中国の「天河2A」だった。

中国勢は年2回発表される世界ランクで「天河2」がトップに立った13年6月以降、10連覇していた。この5年間は天河2と神威太湖之光が世界をリード。米国勢は苦戦を強いられ、昨年はトップ3からも落ちていた。
今回のランキングではトップ5のうち、首位と3位の米国勢はいずれも新顔。中国の後塵を拝していた米国の巻き返しが際だった格好だ。

日本勢では産業技術総合研究所の「AI橋渡しクラウド(ABCI)」が5位に入った。人工知能(AI)の技術開発を目的に構築したもので、計算速度は毎秒1京9880兆回。
東大・筑波大の「オークフォレスト・パックス」は12位、理化学研究所の「京(けい)」は16位で、いずれも順位を下げた。
アジア勢では韓国科学技術情報研究院の「ヌリオン」が理研の京を上回る11位と健闘した。
http://www.sankei.com/life/news/180625/lif1806250023-n1.html
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529915671/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-Web系関連記事: プログラミング、開発関連

関連記事

もはやWi-FiはキャリアのLTE電波網よりも通信スピードが遅いことが浮き彫りに

1: 田杉山脈 ★ 2018/11/26(月) 18:16:22.52 _USER
かつてスマートフォンでYouTubeなどを見る時には「Wi-Fiにつないだ方が通信が速くて安定する」などと言われることが多かったものですが、世界中の通信状況をまとめたレポートからはもはやWi-Fiは4G LTE通信網よりもスピー…

なぜ日本は人工知能研究で世界に勝てないか

1: 田杉山脈 ★ 2018/09/19(水) 23:30:09.69 _USER
ディープラー二ング(深層学習)の登場で“第3次人工知能(AI)ブーム”が訪れ、数年が経過しました。今では多くの企業がAIのプロジェクトを進め、自社製品やサービスに取り入れようと動いています。  世界で繰り広げ…

「物質を破壊して色を表現」 京都大iCeMS、新印刷技術を開発

1: 田杉山脈 ★ 2019/06/20(木) 19:19:44.56 _USER
アクリル樹脂などに代表されるポリマーに規則的に亀裂を入れることで発色させる新たな印刷技術を開発したと、京都大物質-細胞統合システム拠点(iCeMS、アイセムス)のシバニア・イーサン教授(化学工学)らの研究グルー…

最近のGPUって下位で2万円以上とか高すぎだろ… 自作PC全盛期はIntel 740が980円くらいだったろ

1: ナトロアナエロビウス(北海道) [US] 2020/02/04(火) 15:56:35.73 BE:422186189-PLT(12015)
CFD販売は、AMD Radeon RX ビデオカードを購入すると、人気アクションゲームのPC用ダウンロード版がもらえるキャンペーンを開催する。  2月4日から4月25日までの期間中、…

還暦COBOLはお荷物?リプレース計画が独自調査で判明

1: 田杉山脈 ★ 2019/03/25(月) 16:05:41.34 _USER
長く企業の基幹システムを支えてきたCOBOLは、2019年で生誕60年、いわば還暦を迎えた。では、COBOLは今、どんな状況にあるのか。調査結果から明らかにする。  日経 xTECHは2019年3月4日から15日まで、「COBOLに関する実…