IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

企業別:その他

アリババが物流に1000億元以上の投資、中国全土で当日配送を実現へ

投稿日:

1: ノチラ ★ 2018/06/02(土) 21:03:32.07 _USER
b72c3_620_95f0d077_96f69de0-m
アリババグループは5月31日に「2018 Global Smart Logistics Summit」を開催し、配送効率の向上と物流コストの大幅削減を目的にしたスマートロジスティクスネットワークの技術的基盤構築のために、1000億元(約1.7兆円)以上の投資を行うと発表した。アリババグループ会長のジャック・マー氏は、「構築する物流システムは、関係する全ての物流会社に属します」と語り、物流会社とのパートナーシップを強固にし、従来の概念を覆す物流革命を起こすと語った。

 アリババグループの物流システムを担う菜鳥(Cainiao)は、現在、1日当たり1億個の小包を取扱い、中国国内の1500の地域で、1日、または、2日で配達できているものを、中国全域で当日配達を実現することをめざすという。さらに、国外への輸送時間が平均70日から10日未満になっているところを、72時間以内に短縮することもめざす。1日当たり10億個の荷物を処理することを想定しているという。

 また、輸送効率が低く、物流コストが高いという問題を解決するためにデータを使用できるなら、製造業と物流部門で大きな利益を創出できるとしている。マー氏は、「菜鳥のめざす物流システムによって、国内総生産(GDP)の約15%を占める物流コストを5%以下に押し下げることが可能です」と語っている。現在の中国より発達した物流システムを持つ国々ではGDPの7~8%程度の物流コストに抑えられているが、これをさらに押し下げる目標を掲げている。

 マー氏は、「この物流ネットワークは、国内のみならず世界規模のものです。パートナー企業とより密接に協力することで、すべての人に利益をもたらします。物流業界の技術革新が進むことに伴い、菜鳥は物流業界の『頭脳』となることをめざします。菜鳥の誕生以来、そのミッションは物資の配送することではなく、配達員や倉庫、配送拠点、都市、住宅などのすべての物流要素を結ぶネットワークを構築することで、物流会社の配送を支援することです」と語っている。

 そして、「物流によって世界の貿易は変化します。世界貿易は国家間の取引から企業間の取引まで、コンテナからパッケージに移行します。このすべての変化に、私たちは今日から備え、戦う準備ができているはずです」と強い決意を表明した。(写真は、Logistics Summitで講演するアリババグループ会長のジャック・マー氏。提供:Alizila)
http://news.searchina.net/id/1660433
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1527941012/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-企業別:その他

関連記事

【AI】アリババの医療AIで流行性感冒の対策進む

1: 田杉山脈 ★ 2019/01/02(水) 20:49:13.19 _USER
ヒトの流行性感冒を、人工知能(AI)が有効に抑えることができるか? 「千夜一夜物語(Arabian Nights)」のような話がハイテクによって実現されようとしている。  マカオ(Macau)の複数のメディアが、阿里巴巴(ア…

中国通信機器ファーウェイ・ZTE 米制裁で打撃必至

1: ノチラ ★ 2018/04/18(水) 17:30:25.94 _USER
米連邦通信委員会(FCC)が17日、米国内の通信会社に対し、安全保障上の観点から、外国企業からの通信機器の調達を禁止する方針を決めた。対象企業として念頭にあるのは、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と…

「Coinhive」訴訟、横浜地検が控訴 弁護人「何が何でも有罪にしたいのか」

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/04/10(水) 15:41:31.99 _USER
 サイト閲覧者に仮想通貨をマイニングしてもらうツール「Coinhive」を閲覧者に無断で自身のサイトに設置したとして、不正指令電磁的記録保管罪に問われたデザイナーの「モロ」さんに無罪を言い渡した…

キヤノン、ニコンともに惨敗のフルサイズ戦争この1年

1: 田杉山脈 ★ 2019/11/24(日) 20:01:25.43 _USER
昨年秋に始まったフルサイズミラーレス一眼の戦い。1年あまりが経過した現段階では、ソニーが圧勝している。昨年9月、ニコンがZ7を発売したのを皮切りに、ニコンはZマウント、キヤノンはRFマウント、パナソニック、シグマ…

究極のVAIO Sシリーズが登場、14型4Kに進化しながら13.3型とほぼ同等の底面積

1: 田杉山脈 ★ 2019/01/17(木) 20:15:32.28 _USER
VAIO株式会社(以下VAIO)は、1月17日に報道発表を行ない、最新製品となる「VAIO SX14」(法人向けモデルはVAIO Pro PK)を発表した。  VAIO SX14は、ソニー時代に発表した「VAIO Pro」シリーズの流れをくむ製品で、ソニ…