IT、ガジェットネタまとめ速報

IT技術やガジェットネタに関するみんなの反応のまとめをチョイスしてお届け!

企業別:その他

一発屋で終わらない予感。AMD「第2世代Ryzen」レビュー&ベンチ結果

投稿日:

1: ノチラ ★ 2018/05/01(火) 15:59:36.11 _USER
英語発音だとライズン。

王者インテルに対抗し、AMDが去年の春に満を持してリリースし、日本でもヒットとなったRyzenが、第2世代「Ryzen 5 2600X」になってさらに進化しました! 米Gizmodoのベンチマーク測定で判明した意外な長所とは…?

一斉発売ではなく、まずはデスクトップ用のCPU(ゲーマー、ストリーマー、動画、3Dレンダリング業界人向け)から発売です。モバイル版とAPU(CPUとGPUが統合されたもの)はまた後ほどという、初代と同じ、段階的リリース。

Ryzen 5 2600X

ひとことでまとめると: AMDより新発売の次世代Ryzenデスクトップ用CPU

価格: $200

好きなところ: 安い。速い。

好きじゃないところ: まだGPUなし。別売。

先に発売される第2世代RyzenのRyzen 5 2600Xは、GPUが搭載されていないのがインテルとの違いです。GPUをまだ持っていない人は別売になるので、それを合わせると結構なお値段になりそう。格安で済ませたい人はAPU発売まで待つべし、ですね。もっとも初代AMDのAPUが2カ月前に発売になったばかりなので(グラフィック性能すばらしいです)、ちょっと待ちくたびれてしまうかもですけれど。

まーしかし、もう手元にグラフィックスカードがあるんなら、Ryzen 5 2600Xはかなりお買い得です。200ドル(約2万2000円)もあれば買えてしまえます。それで6コア/12スレッド同時処理の性能(動画編集、ゲームやBlenderの3Dレンダリングに最適)が手に入ってしまうのだから破格値と言えるでしょう。インテルが昨年10月に発売したRyzen 5 2600Xの対抗馬「i5-8600K」は同じ6コアですが6スレッドで50ドル割高です。そこそこレベルのGPUが統合されていることと動作クロックが高め(3.6GHz)なことが一番の違いです。

だったらそっちを買えばもうそれでいいんじゃない?と思ってしまいますけど、第2世代Ryzenで注目なのは、その処理技術のサイズです。初代RyzenはZenマイクロアーキテクチャ採用で、インテルの現行のCoffee Lakeアーキテクチャと同じく、14nm(チップを乗っけたシリコンウーファーのところのサイズ)の処理技術でした。 第2世代RyzenではZen+アーキテクチャ採用となり、12nmの処理技術になりました。小型になるとデータの移動距離が縮まるので、もっと省電、高速化できるという理論上のメリットがあります。Ryzen 5 2600Xは動作クロックこそインテルに劣りますが、14nmが12nmになったことで理論上は、もっと高速処理が可能になっているはずです。

さっそくRyzen 5 2600Xで、i5-8600K、前世代Ryzen 5 2400Gと同じベンチマークテストを行なってみました。使ったのは全部同じRAM、ストレージ、Nvidia 1080グラフィックスカードです。結果、2600Xは初代2400Gよりも高速で、i5-8600Kよりもおおむね高速であることがわかりましたが、一部の機能はi5-8600Kのほうが高速でした。一番目立ったのはブラウザ処理速度を測るブラウザベースのベンチマークテストWebXPRT 2015で、i5-8600KのほうがRyzen 5 2600Xより20%近くも高速でした。CPU全体と各コアの両方の処理能力を計測できるGeekbench 4でも、シングルコアはi5-8600Kの方が上でした。
no title

no title


no title

https://www.gizmodo.jp/2018/05/amd-ryzen-5-2600x-review.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1525157976/


続きを読む


【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

このまとめの続きはコチラ!

-企業別:その他

関連記事

アリババ・テンセント、訪中客もスマホ決済可能に

1: 田杉山脈 ★ 2019/11/08(金) 20:35:38.67 _USER
中国ネット通販最大手アリババ集団とネット大手の騰訊控股(テンセント)はそれぞれ傘下のスマホ決済サービスを中国を訪れる観光客でも利用できるようにした。中国ではスマホ決済が普及しているが、外国からの観光客は原…

「ヤフー抜き業界3位狙う」 米ネット通販大手イーベイが日本本格再参入

1: ムヒタ ★ 2018/07/14(土) 06:20:27.78 _USER
 米ネット通販大手イーベイ日本法人のヘンリー・チュン代表(46)は、共同通信のインタビューに応じ、日本に本格的に再参入する方針を示した。今年買収した通販サイト「Qoo10(キューテン)」を基盤に、2022年…

エストニアで「日本人お断り」のスタートアップが増えた理由

1: 田杉山脈 ★ 2019/05/14(火) 22:47:33.46 _USER
「今度エストニアに行くんですけど、訪問できるスタートアップってありますか?」 『ブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来』にも登場し、現在はエストニアのスタートアップ・SetGoで…

GNOME 3.32を導入したデスクトップOS「Ubuntu 19.04」

1: 田杉山脈 ★ 2019/04/19(金) 15:41:10.36 _USER
英Canonicalは18日(現地時間)、デスクトップOS「Ubuntu 19.04」をリリースした。  一般ユーザー向けの新機能としては、高フレームレートやスムーズな起動アニメーション、アイコンの読み込み時間の短縮、およびCPU/GP…

トヨタ、中国DiDiとライドシェア関連サービスで合弁会社 約660億円を出資

1: 田杉山脈 ★ 2019/07/25(木) 21:13:44.30 _USER
トヨタ自動車は7月25日、中国の配車サービス大手、Didi Chuxing(滴滴出行、ディディチューシン)と、ライドシェアドライバー向けの車両関連サービスを提供する合弁会社を設立したと発表した。トヨタはDidi Chuxingと合弁…